ブラックリスト削除

こんな疑問や不明点をお持ちではないですか?

  • ブラックリストの履歴を消すことはできないのか?
  • よくある”ブラックリスト削除可能!”という広告は本当?

このような疑問を解決するべく、当サイト取材班では弁護士事務所に直接問い合わせをしてみました。です。

結論を言えば、ブラックリストの履歴を削除することは基本的にできませんが、ある条件によってはブラックリストの履歴を抹消することができます。詳しくは以下の内容をご覧ください。

ブラックリストの履歴を削除することは可能?

カードローン困る

ブラックリストの履歴を削除することは基本的にはできません

そもそもブラックリストというのは、情報信用機関に登録されている事故情報(延滞、自己破産など)のことを指します。

過去にカードローンやキャッシングで3ヶ月以上の延滞があったり、自己破産や債権異動など、ネガティブが情報があった場合、カードローン会社は審査の際に情報信用機関に開示請求することができるのですが、もちろんそんな事故情報が記載されていれば、カードローン審査に落ちる可能性は非常に高くなります。

カードローン助けて

だからこそ、どうしても早急に事故情報の履歴(ブラックリスト)を消したい……。

実際にそういうブラックリスト、事故情報の削除は可能なのかどうか、専門の弁護士事務所に問い合わせてみました。

実際に弁護士事務所に電話で問い合わせてみた結果

カードローン会社

一般に”ブラックリスト”と言われている情報信用機関の事故情報ですが、その履歴の事実を消すことは、たとえ有料で情報信用機関にかけあったとしても、できるものではありません。でなければ、そもそも情報信用機関という存在の意義が問われてしまうので。 ※M弁護士事務所(大阪)

薄々わかってはいましたが、改めて専門家に問い合わせてみても、やはり同じような回答でしたね……(笑)

そもそもカードローンやキャッシングというのは”信用”が第一なわけど、それらを取り扱っている情報信用機関が、お金で情報を操作していたら意味がありませんよね。

ブラックリスト削除可能!という広告は本当?

カードローン頑張る

ブラックリスト削除!解除!などのうたい文句の広告は、詐欺か闇金業者が多いので注意!

インターネットの掲示板や、メールマガジンでの広告でこういった内容のものを見つけました。
black_list_sagi

こういった”ブラックリスト削除、解除”といった文言の内容は実際にどうなのでしょうか?

そこも弁護士さんに聞いてみました。

詐欺、もしくは闇金業者の可能性も

カードローン会社

そういった広告があるのは事実ですが、実際に第三者が金融事故の履歴を削除するということはできないため詐欺の可能性が高いです。それか、『ブラックカードの履歴を解除するのは今回は難しかった、けど急ぎで履歴を消したいってことは急ぎでお金がいるんでしょ?ウチで貸しますよ?』という高利率の闇金業者である可能性も考えられます。どちらにせよ、そういった文言の広告は無視するのがベストです。 ※M弁護士事務所(大阪)

単純な詐欺だけではなく、違法の闇金業者がそういった広告を出すこともあり、実際に相談にこられるお客さんもいるんだそうです。

弁護士さんがおっしゃるように、いくら急いでいたとしても”ブラックリスト削除、解除”という広告には気をつけましょう。

ブラックリスト履歴を削除できる”ある条件”とは?

カードローンふむふむ

消滅時効の援用が適応されれば、一部の信用情報機関の履歴は抹消されます

基本的にブラックリストと言われる事故情報の履歴を消すことはできませんが、”消滅時効の援用”の手続きを行えば、信用情報機関によってはブラックリストを含む過去の金融情報を抹消することができます。

消滅時効の援用とは?

借金は、最後に返済をした時から時効のカウントが始まり、時効が過ぎれば貸し手側が請求する権利が消失します。

カードローンや消費者金融、銀行などの場合、その時効というのは5年間。

最後の支払いをしてから5年間経った場合、消滅時効が成立したことを貸し手側に主張することができ、それを”消滅時効の援用”と呼びます。

消滅時効援用について信用情報機関に問い合わせてみました

お金を借りている側(債務者)が貸し手側(債権者)に消滅時効の援用をし、それを貸し手側が受理した場合、その旨を信用情報機関に連絡をしなければなりません。

信用情報機関は日本に3社存在しており、それぞれの機関に加盟している業種や会社によって、開示できる情報などが変わってきます。

カードローン会社や消費者金融などの加盟店(債権者)が、消滅時効の援用を受理した場合、その情報はどう表記されるのか、各社に問い合わせてみました。

CIC 加盟店(債権者)からの申告による。
JICC 債務者の履歴情報を削除。
JBA 加盟店(債権者)からの申告による。

上記のような結果に。

CICとJBAに問い合わせてみた内容

クレジットカード会社などが加盟しているCICと、銀行などの金融機関が加盟しているJBAはどちらも同じく、”加盟店からの申告による”との回答でした。

これはどういうことかというと、貸し手側でもある加盟店が”契約終了”という情報を上げれば、それは”契約終了”になりますし、”貸倒し”という情報を上げれば、”貸倒し”と表記されるようになるということです。

どちらにせよ、消滅時効の援用を行う場合は最低でも5年間は経たないとダメなので、援用を行うまでに記載されているだろう”5年間の延滞ステータス”は消すことができません。

だからこそ、消滅時効の援用の表記がどうなるにせよ、しっかりと情報履歴の確認はしたいところです。

JICCに問い合わせてみた内容

CICやJBAと違い、JISSは”借り手側(責務社)の履歴情報はファイルごと削除する”とのことでした。

JISSもCICと同じく、消費者金融や信販会社の加盟店が多く、カードローンの申込み審査とも非常に関係性の高い信用情報機関です。

そこでの過去の履歴がすべて抹消されるということを、わかりやすく流れで例えてみると……

  1. 2000年1月1日に、AさんがX社から30万円キャッシングする。
  2. 2000年2月1日に、1回目の返済をするAさん。
  3. 2000年3月1日に、2回目の返済をするAさん。
  4. 2000年4月1日、お金がなくて支払いができないAさん。
  5. X社から書面や電話で督促がくるも、お金がなくて支払いができないAさん。
  6. 2000年6月1日、支払日から3ヶ月が経過したため、JICCに”延滞”の情報が上げられる。※いわゆるブラックリスト入り。
  7. その後、X社から督促がくるも、すべて対応せず。
  8. 2005年3月1日、最終支払い日から5年経過したため、消滅時効が成立。
  9. 2005年3月2日、Aさんは弁護士を通して、X社に消滅時効の援用を通知。
  10. X社は消滅時効の援用を受理し、JICCにステータスをアップ。
  11. JICCはAさんの過去の金融情報ファイルをすべて削除。

という流れになりますが、イメージ出来たでしょうか。

極端なことを言ってしまうと、Aさんの過去の金融事故はJICCの情報履歴には残らないということです。

しかし、それについて弁護士の先生はこう仰っていました。

カードローン会社

信用情報機関によっては、消滅時効援用によって、過去の履歴をすべて削除する機関もありますが、それぞれの機関での情報共有はしっかり行われていますし、カードローン会社など、貸し手側も1社のみの機関で判断することはほぼないでしょう。たとえJICCに履歴がなかったとしても、CICやJBAの情報を見れば、”延滞していた”という履歴はしっかりとわかってしまいます。 ※M弁護士事務所(大阪)

そしてさらにこんなことも。

カードローン会社

そもそもの話ですが、借り手側の債務者が消滅時効の援用を申し出ても、結局はそれを貸し手側である債権会社がどう受け取るのかというところです。信用情報機関に”貸倒し”として情報を伝えることもできるし、時効が成立するまでの5年間の間に、裁判を起こされたり、差し押さえになった場合は、そもそも5年では援用することができないというケースもあるので。 ※M弁護士事務所(大阪)

消滅時効の期間は5年間と先ほど書きましたが、裁判上の請求であったり、差し押さえなどの仮処分が出た場合は、時効の計算がリセットされてしまうとのことです。

なにはともあれ、消滅時効の援用を考えているのであれば、まずは弁護士、司法書士、行政書士などの専門家に相談したほうがよさそうですね。

まとめ

  • ブラックリストの履歴を削除することは基本的にはできない。
  • ブラックリスト削除や解除といった広告には手を出さないように。
  • 消滅時効の援用を行えば、JICCの履歴は削除される。

今回は少し難しい話かもしれませんが、一辺倒に”ブラックリストの削除は絶対に不可能!”というわけではなさそうです。

ただし、一部の信用情報機関での履歴を削除したとしても、結果的にカードローン会社や、消費者金融には情報は筒抜けになっているようですね。

もし、過去に”ブラックリスト入り”と呼ばれるような金融事故の履歴があるのであれば、しっかりと支払いを終わらせ、履歴が消される時間を待ちましょう。

以上、

カードローンのブラックリストは削除可能?弁護士の広告は本当か?

についての取材レポートでした。