トラブル

こんな疑問や不明点をお持ちではないですか?

  • 急にカードローンのキャッシュカードが使えなくなった
  • カードローンのキャッシュカードが使えなくなる原因は?
  • ATMでキャッシュカードが使えなくなった時の対策は?

このような疑問を解決するべく、当サイト取材班ではカードローン会社に問い合わせて原因と対策を聞いてみました。

結論を言えば、急にキャッシュカードが使えなくなるほとんどの理由は、借り入れの限度額を超えている可能性が高いためです。詳細は記事をご覧ください。

キャッシュカードとクレジットカードの違いって?

カードローン

キャッシュカードは、ATMから自分の銀行口座へアクセスする時に利用するカードで、クレジットカードは、後払い方式でショッピング決済を行うことができるカードのことです

買い物をする時は、お金が必要になった場合、『カードを使う』という言葉はよく利用すると思いますが、そもそも一言でカードと言っても、色々な種類のカードがあります。

その中でもとりわけ紛らわしく、わかりにくいのは、『キャッシュカード』『クレジットカード』の違いで、色んな方に話を聞いていると、あまり理解をしていないまま使っている方も非常に多くいます。

この2種類のカードの違いを簡単に説明すると、

  • キャッシュカード:ATMから自分の銀行口座へアクセスする時に利用するカード
  • クレジットカード:後払い方式でショッピング決済を行うことができるカード

ということになります。

銀行のATMを利用して、銀行の残高からお金をおろしてくる時に利用するのはキャッシュカードですね。

買い物の時に『カード支払いで』という時に利用するのはクレジットカードです。

クレジットカードにキャッシング機能がついていたり、キャッシュカードにもデビットカードなどがあったりと、詳しく説明するともうちょっと複雑になるのですが、ここではこういった認識を持ってもらえばOKです。

カードローンはキャッシュカード?クレジットカード?

では、カードローンの場合は、キャッシュカードになるのでしょうか?クレジットカードになるのでしょうか?

カードローン会社から送られてくるカードは、キャッシュカードです。

クレジットカードは、ショッピング利用のための後払いシステムなので、その場で現金を手にするカードローンの場合であれば、キャッシュカードとなります。

さらには、銀行系のカードローン会社には、カードローン専用口座を作ることが必須のカードローン会社もあり、そうした場合はキャッシュカードとしての扱いと認識するほうがわかりやすいでしょう。

大手銀行系カードローンの申し込み比較については、以下の記事で詳しく説明しています。

キャッシュカードが急に使えなくなる4個の原因

カードローン困る

カードローンのATMでキャッシュカードが使えない場合、借り入れの限度額を超えている可能性が高いです

カードローンATMで借り入れをしようとキャッシュカードを使った時に、エラーや取り扱い不可の表示が出て使えない場合があります。

カードローンの契約申し込みは完了していて、以前はちゃんと利用できていたはずなのに、なぜ急にキャッシュカードがATMで使えなくなるんでしょうか?

キャッシュカードが使えなく理由についてカードローン会社に問い合わせてみたところ、以下の4つが主な原因のようです。

  1. 磁気テープやICチップの読取不能
  2. 暗証番号が間違っている
  3. 返済遅延などの金融事故
  4. 利用限度額のオーバー

順番に説明していきます。

原因1:磁気テープやICチップの読取不能

カードローン会社

お送りしたキャッシュカードを利用していただく際に、どこか傷がついていたり、折れ曲がっていたりした場合など、エラーが表示され、キャッシュカードの利用ができなくなる場合があります

これはキャッシュカードだけに限らず、どのカードでも同じですね。

キャッシュカードが破損してしまった場合などは、無理にATM機器に押し込んで利用したりせず、窓口や公式サポートに問い合わせて、交換してもらいましょう。

原因2:暗証番号が間違っている

カードローン会社

暗証番号を忘れてしまい、間違って入力されてしまった場合は、もちろんですがそのキャッシュカードでの利用はできません。

これもカード利用であれば当たり前の話。

もし暗証番号を忘れてしまった場合は、窓口や公式サポートにて身分証明をすれば、しっかりと対応してもらえます。

暗証番号はメモをしてキャッシュカードと一緒に持ち歩くと、紛失した際のリスクが非常に大きいので、暗証番号はメモなどをせずにしっかりと記憶しておきましょう。

原因3:返済遅延などの金融事故

カードローン会社

返済日のお支払いに間に合わなかったり、そういった金融事故が続くと、こちら側で利用とお止めさせていただく場合があります。

毎月のカードローン返済の支払日に遅れるともちろんチェックが入るのですが、それが3ヶ月遅れると”延滞”となり、いわゆる金融事故扱いとなります。

基本的には1日でも延滞があった時点で、電話や郵送などでカードローン会社から連絡があると思うのですが、その連絡に気が付かずに引き続き利用していた場合、急にキャッシュカードの利用を制限されてしまうこともあるらしいです。

支払日の確認はもちろん、延滞してしまった場合などは、しっかりと連絡を見逃さないようにしてください。

原因4:利用限度額のオーバー

カードローン会社

お客様一人一人に貸し出しの利用限度額を設定させていただいているのですが、その利用限度額を超えてしまうと、キャッシュカードでのATM利用が制限されてしまいます

キャッシュカードを突然利用できなくなった場合、一番多い原因として、この”利用限度額を超えている状態”らしいです。

カードローンにはそれぞれに利用限度額があり、最初の申込時の場合であれば10万円~50万円である場合が多いです。

さらに、消費者金融系のカードローン会社であれば、”総量規制”という決まりがあり、『借入総額は年収の3分の1まで』という決まりがあります。

例えば、

  • 年収300万円(総量規制100万円
  • カードローンA社(限度額50万円):10万円借り入れ中
  • カードローンB社(限度額50万円):40万円借り入れ中
  • カードローンC社(限度額50万円):40万円借り入れ中

という状態の場合、現在の総合の借り入れが90万。

この状態で、カードローンA社のキャッシュカードを利用して、20万円借りようとした場合、借り入れ総額が110万となります。

そうなると、総量規制の100万円をオーバーしてしまい、キャッシュカードの利用に制限がかかり、使えなくなってしまう場合があるとのことです。

こうした他社の借り入れ額についても、カードローン会社は情報信用機関で共有しているため、全て筒抜けになっています。

他社での借り入れがある状態でキャッシュカードが使えなくなった場合は、一度情報信用機関に問い合せをして確認してみましょう。

情報信用機関での履歴の確認方法については、以下の記事で詳しく説明しています。

キャッシュカードが急に使えなくなった時の対策方法

カードローン頑張る

即日審査&融資が可能な別カードローン会社に新規申し込みをしましょう

カードローンATMでキャッシュカードが急に使えなくなった場合の原因を説明してきました。

対策として、キャッシュカード自体の破損や、暗証番号間違いなどであれば、カードローン会社の窓口や、公式サポートで早急に対応してもらえます。

ただ、延滞などの金融事故の場合や、利用限度額の上限を超えてしまってキャッシュカードが使えない場合はどうすればいいのか?

そういった場合、即日審査&融資が可能な別カードローン会社に新規申し込みをしましょう。

借入限度額にもよりますが、50万円以下であれば即日融資が可能なカードローン会社もあります。

先ほど説明した総量規制についても、消費者金融系カードローン会社だけの法律となっているので、銀行系カードローン会社に関しては、総量規制の縛りがありません。

即日融資が可能なカードローン会社について、銀行系カードローン会社、消費者金融系カードローン会社を比較しているので、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

まとめ

  • カードローンのカードはキャッシュカード扱い。
  • カードローンATMで急にキャッシュカードが使えなくなる原因は『磁気テープやICチップの読取不能』 『暗証番号が間違っている』 『返済遅延などの金融事故』 『利用限度額のオーバー』の4つが主な原因。
  • カードローンATMで急にキャッシュカードが使えなくなった場合は、別のカードローン会社に申し込むのがオススメ。

今回はカードローンATMでキャシュカードが急に使えなくなった場合の、原因と対策を説明しました。

手軽にATMで利用できるのがカードローンの大きなメリットだからこそ、キャッシュカード利用ができなくなったら不便ですよね。

キャッシュカードが使えなくなった場合は、まずしっかりと原因を調べ、キャッシュカードが使えない理由を把握してから、対策をしていきましょう。

以上、

え、なんで?キャッシュカードが使えない4個の原因と対処方法

についての取材レポートでした。