カードローン金利比較

こんな疑問や不明点をお持ちではないですか?

  • カードローン会社の金利ってどこが一番お得なの?
  • 複数のカードローン会社のわかりやすく比較してほしい
  • 元金や利息ってどうやって計算するの?
  • なんで金利や利息には幅があるの?

このような疑問を解決するべく、当サイト取材班では各社カードローン会社の金利を比較してみました。

結論を言えば、それぞれのカードローン会社にメリットがあり、条件や金利が違うので、しっかりとシュミレーションをして選ぶことがオススメです。その他、金利の計算方法についてもまとめたので、詳しくは記事をご覧ください。

カードローンの元金や金利、利子って?

カードローン

元金は直接借りた金額のことで、利息(利子)は一定の割合で支払われる金額金利(利率)はその利子の割合のことを言います

カードローンに申し込む際、説明でよく出てくるのが、『元金』や『金利』、『利息』や『利子』という言葉。

大体の意味はわかっているとは思いますが、改めて説明します。

  • 元金=”もときん”や”がんきん”と言い、利子を含まない,直接貸し借りした金額。
  • 利息(利子)=金銭の貸借が行われた場合、その使用の対価として借り手が貸し手に支払う金額。
  • 金利(利率)=その期間でどのくらいの割合で利子が発生するか。
  • 実質年率=手数料や諸経費なども含めた年利。

利息と利子はほぼ同義語であり、金利と利率もほぼ同義語です。

細かく言うのであれば、カードローン会社として、借りた側と貸した側で使い分けをしていたり、銀行や消費者金融によって使い分けをしていたりなどがあるようですね。

利息や利子はそのままの金額で表し、金利は利息や利子の割合として%で表わすことが多く、基本的には利子=利息、金利=利率となります。

金利に関してさらに細かく説明をすると、1年間の金利のことは”年利”といい、それが1ヶ月になると”月利”、1週間であれば”週利”と言われます。

カードローンでよく見る実質年率とは?

実質年率とは、借入金額に諸費用をプラスして計算した実質上の金利を指し、カードローン会社によっては、毎月の返済額に加え、手数料や保証料なども入れてくることがあります。

それらの諸費用も利息として計算したものが”実質年率”といわれています。

色々と複雑でややこしいと思うかもしれませんが、

消費者金融の場合は”金利=実質年率”を表記するように定められているので、公式の金利を比較すれば問題ありません。

それを踏まえ、次に利息や金利についての具体的な計算方法を説明していきます。

カードローンでの利息計算方法について

カードローンふむふむ

利息の計算方法は、元金(円)×金利(%)×利用日数÷365日です

カードローン会社の多くは、金利=年利とし、『1年間に発生する利息』を表記しています。

そのため、

カードローン疑問

カードローンでお金を借りたら、1年間で支払う利息っていくらになるんだろう?

という、実際に払う利息の計算をする場合には以下の計算式を使います。

利息(円)=元金(円)×金利(%)×利用日数÷365日

実際に数字を当てはめてみましょう。

計算式を利用した利息の計算例

カードローン金利比較

例1)金利(年利)が18.0%のカードローンで30万円借りて、30日後に返済する場合の利息と返済総額。

利息=300,000(円)×0.18(18%)×30(日)÷365=4,438円

30日後の返済総額=300,000(円)+4,438(円)=304,438円

カードローン金利比較

例2)金利(年利)が15.0%のカードローンで100万円借りて、90日後に返済する場合の利息と返済総額。

利息=1,000,000(円)×0.15(15%)×90(日)÷365=36,986円

90日後の返済総額=1,000,000(円)+36,986(円)=1,036,986円

カードローン金利比較

例3)金利(年利)が20.0%のカードローンで8万円借りて、10日後に返済する場合の利息と返済総額。

利息=80,000(円)×0.20(20%)×10(日)÷365=438円

10日後の返済総額=80,000(円)+438(円)=80,438円

これらのようにカードローンを利用する前に、借入したい元金や、カードローン会社の金利、返済予定日などを計算することで、利息や返済総額が明確になり、計画的にカードローンを利用することができます。

カードローン会社の金利に幅がある2つの理由

カードローンにっこり

元金によって金利が決められているということを基準に、返済能力によってカードローン会社が設定をするためです

カードローン会社の公式ページを見てみると、”金利は4.7%~18.0%”など、金利に幅があります。

このように金利に幅があるのには2つの理由があります。

  1. 元金によって金利の上限が法律で決められているため。
  2. 延滞などの金融事故リスクを想定しているため。

元金によって金利の上限が法律で決められているため

日本の貸金法には、利息制限法というものがあり、以下のように定められています。

第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

総務省電子政府総合窓口(e-Gov)~利息制限法~より引用

この利息制限法のもと、最初に借り入れをする元本の額によって金利の制限があるため、カードローンの金利には幅があります。

ただし、ほとんどの場合は、8万円だったら20%、50万円だったら18%など、その元金での最大利率となる場合が多いようです。

延滞などの金融事故リスクを想定しているため

もう一つの理由に、カードローン会社が延滞などの金融事故を想定し、そのリスク回避のためでもあり、単純に『返済能力が高い』顧客には、最初から低い金利で貸出する場合があります。

カードローンの申込み時に審査があるのですが、そこで年収や職業、雇用形態、勤続年数などによって、金利が調整されるということです。

例えば、実家暮らしの公務員で、勤続年数も長く、過去にある程度の借り入れ履歴もあり、その際にも返済に問題がなく、延滞などの金融事故も起こしていない、いわゆる”優良顧客”であれば、最初のカードローン申込み時から金利が低く設定される場合もあります。

逆に、アルバイトや契約社員で雇用期間も短く、さらに過去に延滞の履歴などがあった場合は、最高金利に設定されるのはもちろん、カードローンの申込み審査に受からない可能性もあります。

カードローン会社もしっかりと利益や売上を確保する必要があるため、返済能力の”信用度”によって、金利を調整することがあるということですね。

大手カードローン13社の金利やポイントを徹底比較

カードローン喜び

金利や条件などをチェックして、最適なカードローン会社を選びましょう

ここまでの話を踏まえ、各大手カードローン会社の金利を徹底比較してみました。

大手カードローン13社の金利、最大限度額、融資スピード比較

銀行名 系統区分 実質年率(金利) 最大限度額 融資まで
みずほ銀行カードローン 銀行系 3.5%~14.0% 1000万円 最短即日
じぶん銀行カードローン 2.4%~14.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン 4.9%~14.0% 500万円 最短即日
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 800万円 最短即日
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 800万円 契約後最短即日
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475% 800万円 最短即日
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 500万円 最短即日
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 最短即日
新生銀行カードローンレイク 4.0%~18.0% 500万円 最短即日
プロミス 消費者金融系 4.5%~17.8% 500万円 最短即日
モビット 3.0%~18.0% 800万円 最短即日
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短即日
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短1時間

銀行系と消費者金融系の違いとは?

一言でカードローン会社と言っても、”銀行系カードローン会社”と、”消費者金融系(ノンバンク)カードローン会社”の2種類があります。

それぞれの特徴を説明すると、

  • 銀行系カードローン会社:”年収の3分の1以上貸し出してはいけない”という裁量規定がなく、金利は低いが、審査に通りにくい。
  • 消費者金融系カードローン会社:裁量規定があり、金利も銀行系に比べると高めだが、比較的審査が通りやすく借りやすく、現金を手にするまでがスピーディー。

こういった特徴があります。

それらも踏まえ、銀行系カードローン会社、消費者金融系カードローン会社、それぞれの比較ポイントをまとめてみました。

みずほ銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
3.5%~14.0% 最短即日 最短即日
比較ポイント
  • 銀行系カードローンの中でも低金利。
  • 専業主婦でも申込み可能。
  • 普段の口座引落しで残高が足りない時に、自動融資をしてくれるサービスがある。
  • みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合は金利を引き下げ。

じぶん銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 2.4%~14.0%   最短即日  最短即日
比較ポイント
  • セブン銀行やゆうちょ銀行などの提携ATMの利用手数料が無料。
  • 限度額300万円までは収入証明書不要。
  • auユーザーは金利が0.1%優遇される。
  • auユーザーで100万円以上借り入れる場合は、年利1.9%~12.5%になる。

楽天銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 4.9%~14.0%   最短即日  最短即日
比較ポイント
  • セブン銀行やゆうちょ銀行などの提携ATMの利用手数料が無料。
  • 限度額300万円までは収入証明書不要。
  • 申込み入会をすると、楽天ポイントが最大で30,000ポイントプレゼント。
  • 専業主婦やアルバイトでも申込み可能。

イオン銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 3.8%~13.8%   最短即日  最短即日
比較ポイント
  • イオン銀行の口座を持っていれば、最短当日借り入れ可能。
  • 月々の返済は3,000円からでOK。
  • 限度額300万円までは収入証明書不要。
  • 融資額が50万円までであれば、専業主婦の方でも申込み可能。

オリックス銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 3.0%~17.8%   最短即日  契約後最短即日
比較ポイント
  • 提携ATMであれば、借り入れ、返済共に手数料0円。
  • 1,000円単位で借り入れが可能。
  • 限度額300万円までは収入証明書不要。
  • 最大融資額が800万円と高額。

りそな銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 3.5%~12.475%   最短即日  –
比較ポイント
  • 年利が低金利設定。
  • 利用限度額が最大800万円まで可能。
  • 来店不要でインターネットからの申込み完結。
  • りそな銀行の口座がなくても申込み可能。

三菱東京UFJ銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 4.6%~14.6%   最短30分  最短即日
比較ポイント
  • 銀行系カードローンだけど即日融資可能。
  • 30万円までの利用であれば専業主婦でもOK。
  • 10万円までの利用であれば学生でもOK。
  • 毎回の返済額が1,000円から可能。

三井住友銀行カードローン

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 4.0%~14.5%   最短30分  最短即日
比較ポイント
  • 審査時間が最短30分。
  • 限度額300万円以下の利用であれば収入証明書が不要。
  • 口座を持っていればWebで申込み完結。
  • 土日も21時まで申込み可能。

新生銀行カードローンレイク

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 4.0%~18.0%   申込時に即審査 最短即日
比較ポイント
  • 初回申込み後30日間無利息のプランがある。
  • 初回申込み後180日間5万円分無利息のプランがある。
  • 申込みから借り入れ、返済まですべてWeb上で完結。
  • セブン銀行などの提携ATMの手数料無料。

プロミス

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 4.5%~17.8%   最短1時間  最短即日
比較ポイント
  • 初回申込み後30日間無利息サービスあり。※
  • 申込みから借り入れ、返済まですべてWeb上で完結。
  • 即日融資対応に信頼がある。
  • 女性専用のコールセンターが準備されている。

※無利息サービスは初回契約時にメアド登録とWeb明細利用登録をすれば受けることができます。

モビット

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 3.0%~18.0%   申込時に即審査  最短即日
比較ポイント
  •  10秒で審査結果表示。
  • Web上のメールで完結するため、自宅などの書類郵送がなく、借り入れば身内にバレにくい。※
  • 消費者金融系のカードローンでは高額の限度額800万円。
  • フリーダイヤルで即日融資可能。

※Web完結申込のみで可能です。

アコム

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 3.0%~18.0%   最短即日  最短即日
比較ポイント
  • Web上で最短30分審査回答で即日融資も。
  • 初回申込みから30日間に返済すれば無利息。※
  • 利息は利用日数分のみの日数計算式なので、スケジュールが組みやすい。
  • メールサービスにて返済日を連絡してくれる。

※無利息サービスは初回契約で返済を35日ごとを選択することで受けることができます。

アイフル

実質年率(金利) 審査時間 融資まで
 4.5%~18.0%   最短30分  最短1時間
比較ポイント
  • 初回申込みから30日間に返済すれば無利息。
  • 金利12.0%~15.0%のおまとめプランがある。
  • 女性専用のコールセンターが準備されている。
  • 申込みから借り入れ、返済まですべてWeb上で完結。

まとめ

  • カードローンの実質年利とは、金利(年利)として考えればOK。
  • 利息の計算は、元金(円)×金利(%)×利用日数÷365日。
  • カードローン会社の金利に幅があるのは、借入額によって法律で上限が決まっているのと、返済能力によって左右される。
  • カードローン会社の比較ポイントを参考に、自分にあったカードローンを決めよう。

今回は大手カードローン会社として13社を徹底比較しました。

銀行系カードローン会社と、消費者金融系カードローン会社で、利率も違うのは当然ですが、こうして比較してみると様々なポイントがありますね。

決して勢いで申込みなどせず、しっかりと返済のシュミレーションをしてから、公式サイトや公式サポートをチェックしましょう。

以上、

大手カードローンを金利で徹底比較!元金・利息・元金の計算方法も

についての取材レポートでした。