レイク審査

今回の記事では、銀行カードローン会社の『レイク』についてまとめました。

  • レイクってどういうカードローン会社なの?
  • レイクのいいところって何?
  • レイクのカードローン申し込みの審査基準とは?
  • レイクのカードローン申し込み審査に落ちないためには?
  • カードローン審査に落ちてしまったときの代替案とは?

これらを解決すべく、当サイトでは直接レイクコールセンターに問い合わせて疑問を解消しました。

結論としまして、レイクは『安定した収入源』『金融事故の履歴』を審査基準としているようです。

詳しくは記事をご覧ください。

レイクってどんな会社なの?

レイクはかつては消費者金融でしたが、新生銀行カードローンになりました。

銀行カードローンであるため、総量規制(※0)の対象にはなりません。

24時間いつでも申し込み可能です。

(※0)総量規制とは、賃金業法の改正にともなって、個人の借り入れ可能な金額が、原則税込み年収の3分の1までに制限される仕組みのことです。

総量規制については下記の記事で詳しく説明しています。

レイクカードローン金融商品情報

金利 実質年率 4.5%~18.0%
最大限度額 1万円~500万円
融資まで 最短で即日融資も可能(※1)
申し込み方法 ウェブ、電話、郵送、無人契約機のどれかから
学生やバイトは? 定期的な収入があれば、バイトやパート、外国人(永住権を持つ人)でも利用可能
収入証明書は? 契約額に応じて(※2)必要となる場合あり

(※1)平日14時までに申込&必要書類確認が済んだ場合に可能です。

(※2)100万円を超えて契約する場合は原則必要。ただし、レイクの判断により提出を必要としない場合もあるようです。

レイクでお金を借りるまでのシンプルなステップ

カードローン喜び

レイクは借入限度額が100万円以下なのであれば、収入証明書も不要で、審査も非常にスピーディーです

ステップ1:申し込み

レイクカードローンの申し込み方法は以下の4つです。

  • ホームページからの申し込み
  • 電話での申し込み
  • 無人契約機での申し込み
  • 郵送

まずは審査のために申込をする必要がありますので、その時に必要な情報は以下のとおりです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別・独身/既婚
  • 郵便番号
  • 住所
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家賃または住宅ローン
  • 同居人数
  • 自宅固定電話の有無
  • 電話番号
  • ご家族の承知の有無
  • 有職/無職
  • 勤務形態
  • お勤め先
  • 業種
  • 職種
  • お勤め先電話番号
  • 従業員数
  • 保険種別
  • 勤続年数
  • 給料日
  • 月収
  • 本人年収(税込み)
  • 他社借入れ件数
  • 現在の他社借入れ金額
  • 免許証の有無

約30個ほど項目がありますが、ちゃちゃっと5分程度で入力できます。

勤務先の情報や入居年月などはあらかじめ調べておくと良いでしょう。

レイクカードローンの場合は、やはりホームページからの申し込みが手間いらずでオススメです。

ステップ2:審査

申し込み内容をお伝えすると、ここで審査が行われます。

レイクでのカードローン申し込みにこの部分が最重要部分になり、審査終了までの目安は大体40分~1時間ほどとなります。

仮審査は数分で終わり、カードローンの本審査では本人確認や在籍確認を行います。

職場への在籍確認については、下記の記事で詳しく説明しるので参考にしてみてください。

運転免許証やパスポート、健康保険などの身分証明書もこちらの審査時に提出する必要があるのですが、無人機にあるスキャナーで送るか、ホームページからの申し込みであれば、スマホで撮影した身分証明書を添付すればOKです。

借り入れ限度額が100万円以下であれば、給与明細などの収入証明書は不要となりますので、提出するものはこれで完了です。

レイクカードローンの他社との違い、メリットとは?

カードローンふむふむ

レイクには他社よりお得な『30日間無利息』と『180日間5万円無利息』のプランがあります

レイクカードローンの他社との大きな違いは以下の3つと考えられます。

  • 選べる2つの無利息パターン
  • ATM手数料が無料
  • 借り入れや返済方法が他社よりも多い
  • 女性専用窓口がある

選べる2つの無利息パターン

初回のみに限り、レイクには「30日間無利息」と「180日間5万円無利息」の2つのプランがあります。

借り入れ額のすべてを30日間無利息にするか、5万円を上限に180日間無利息にするかのどちらかを選ぶことができます。

どちらの無利息がよいのかは、借り入れる額によって異なりますので一度公式サイトでご確認してみるとよいでしょう。

実際に10万円の借り入れでどちらがお得なのかシュミレーションしてみました。

カードローンレイク代替案

30日間無利息を適用で10万円の借り入れをした場合、毎月のご返済金額3000円でお支払い回数が46回→2872円のお得

180日間5万円無利息を適用で10万円の借り入れをした場合、毎月のご返済金額3000円でお支払い回数が44回→8213円のお得。

毎月の返済金額とお支払い回数によって変わってきますのであくまで参考になります。

ATM手数料が無料

全国のコンビニなどに設置されているATMでの借り入れ、返済の手数料が無料でご利用いただけます。

アコムやプロミスなどの消費者金融では、一定の利用手数料が発生しますので、銀行カードローンであるレイクの強みと言えるでしょう。

ATM手数料を軽く考えている人もいますが、実際一度のやりとりで108円~216円かかってきますので、返済期間が長引くほど無視できない額になります。

借り入れや返済方法が他社よりも多い

レイクではATMでの借り入れや返済はもちろんのこと、銀行の振り込みによる借り入れや返済や銀行の引き落としによる返済にも対応しております。

自分に合った方法が選べます。

女性専用窓口がある

レイクには女性専用のレディースレイクというものが存在します。

男性が利用できないことに加え、担当のスタッフもすべて女性となります。

初めてお金を借りる際は不安もあると思いますが、声の低い男性スタッフよりも声のやわらかい女性スタッフとのやり取りをする方が安心できます。

在籍確認の連絡が女性スタッフからになるのも良いのではないでしょうか。

レイクとレディースレイクの違いは特にありませんので、女性の方はぜひご利用ください。

レイクの審査に落ちる4つのパターンとは?

カードローン困る

レイクで申込み審査に落ちるパターンとして、過去の金融情報などもチェック項目になるので、しっかり把握しておきましょう

パターン1:収入が安定していない

まずはやはり収入面が大きく関わってきます。

無職でまったく収入がない状態では、もちろん返済能力がないと判断され利用することはできません。

借りたものは返さないといけない上、金利分も加わって返済していかないといけないので、収入の安定している人でないと利用できません。

勤続年数が短い場合も審査で落とされてしまいます。

離職→再就職を繰り返していては、安定した返済能力があるとは認められないため、半年目安と考えておくとよさそうです。

パターン2:他社からの借り入れが多い

レイク以外にもカードローンの借り入れがあり、かつ「明らかに借りすぎ」というくらいの額を他社から借り入れしていると、審査に通らないこともあります。

その基準は、会社によって異なりますが、ざっと年収の3分1程度が基準になっているそうです。

金額以上に借り入れ件数が多すぎると、それだけで落とされてしまうこともあります。

『増額審査が出来ないから他社からの借り入れが多い』=『増額できない問題があるんだ』

と判断されてしまうそうです。

今一度自分の借り入れ状況のご確認をしましょう。

パターン3:書類の不備

住所や氏名はもちろんのこと、勤務先の情報や年収を偽っては、信用されず申込み審査に落とされてしまいます。

カードローン会社は記載された情報をもとに確認がされ、隠してもそういった情報は必ずバレてしまいますので、正確な情報を心がけましょう。

パターン4:金融事故履歴がある

  • カードローンの返済で『長期延滞』の履歴がある。
  • 自己破産した過去がある。
  • クレジットカードやスマホなどの強制解約経験ある。

などのトラブルがある人は、金融事故として信用情報に関わるので気をつけましょう。

また、過去にカードローンや金融事故などの心当たりのある人は、それぞれの信用情報期間によって登録抹消期間は違いますので、詳しくは下記の記事をご確認ください。

審査落ちを防ぐ3つの対策と代替案について

カードローン頑張る

正しく申込み、過去の金融事故を把握し、安定した収入源を確保しましょう

申し込み時に嘘の申告をするのをやめましょう

例えば勤務形態がパートやアルバイトであるのにも関わらず、正社員と偽ったり、勤続年数をごまかしたり、年収を上乗せしたりするのはやめましょう。

嘘はどこかで必ずバレてしまいます。

勤続年数が短いのならば、今の職場でもう少し働いてから借り入れの申し込みをする方が確実に審査が通ります。

金融事故を起こさないようにしましょう

借り入れした月々の返済が遅くなる”延滞”や、借り入れ額の返済が不可能な時の”自己破産”を行っている場合、レイクの申込審査に落ちる可能性が非常に高いです。

こういった金融事故を、いわゆる”ブラックリストに載る”と呼ばれることが多いのですが、これらは全て情報信用機関によって他社カードローン会社とも共有されているので、ウソをついたとしてもすぐにバレてしまいます。

一度事故情報が登録されると5年間は消えることが無く、その間に審査を通すのは非常に厳しくなります。

こういった金融事故を起こさないようにすることはもちろん、自身の金融情報をしっかりと把握しておくことが重要です。

安定した収入源を確保しましょう

「この人は返済が遅れることはないでしょう」と思われるには、やはり月々に入ってくる安定的な収入が大事になってきます。

無職の方では本当に返せるのだろうかと判断されてしまうので、正社員もしくは、パートやアルバイトでも大丈夫ですので、安定した収入源を確保しましょう。

レイクが落ちてしまったのであれば、このブログで他のカードローン会社について書いた記事もございますのでそちらをご確認ください。

まとめ

  • レイクの審査基準は『安定した収入源』『金融事故の履歴』である。
  • レイクは銀行のカードローンであるので、総量規制がありません。
  • 24時間いつでも申し込みが可能で最短でなんと40分で融資可能。
  • ホームページからの申し込みがオススメ。
  • 無利息のパターンが2つあり、選べられるのはレイクだけ。
  • ATMの手数料が無料。

今回はレイクの審査基準や、申し込み審査に落ちるパターンと、落ちないための準備を説明してきました。

レイクには女性専用の窓口があったり、ホームページで簡単に申し込みができたり、無利息のパターンが2つあったり、手数料が無料だったり、初めての人にも優しいカードローン会社であると言えるでしょう。

窓口の対応も素晴らしいので、不明点などがあれば是非とも気軽にお問い合わせしてみてください。

以上、

★レイクの審査をする前に!審査に落ちる4つのパターンと代替案

についての取材レポートでした。