みちのく銀行カードローントモカ

こんな疑問や不明点をお持ちではないですか?

  • みちのく銀行のカードローン<トモカ>の増額審査に落ちた……
  • カードローンの増額審査に落ちた時の対策って?
  • みちのく銀行カードローン<トモカ>ってどんな特徴があるの?

このような疑問を解決するべく、当サイト取材班ではみちのく銀行に直接問い合わせてみました。

結論を言えば、増額審査に落ちた場合は別のカードローンと契約するのがベストです。詳しくは記事をご覧ください。

みちのく銀行カードローン<トモカ>の増額審査に落ちる6つの理由

カードローン困る

なぜ増額審査にも落ちたのか、6つの理由をチェックしましょう

みちのく銀行のカードローン<トモカ>ですが、もう少し利用したいなぁと、みちのく銀行にカードローン限度額増額を依頼したものの、審査に落ちてしまった!という話はよくあります。

そもそもなぜカードローンの増額審査に落ちてしまうのでしょうか?

みちのく銀行カードローン、トモカの場合、以下の6つの理由が考えられます。

  1. 過去に金融事故がある。
  2. 年収が下がっている。
  3. 勤続年数が短い。
  4. 申し込みからの利用期間が短い。
  5. 他社からの借り入れ件数が多い。
  6. 個人情報が変更されている。

理由1:過去に金融事故がある

金融事故とは”延滞”や”自己破産”や”任意整理”と呼ばれる、いわゆる返済に関するトラブルです。

みちのく銀行のトモカ以外にも、他社のカードローンで延滞などがあった場合でも、トモカの増額審査に落ちる可能性が高いでしょう。
金融事故については下記の記事で詳しく説明しています。

理由2:年収が下がっている

カードローン申込時にある収入の審査の状態よりも、年収や給料が下がってしまった場合、増額審査に落ちる可能性があります。

みちのく銀行側でもやはり”信用”を持って貸し出しをしているため、たとえ返済日にきっちりと返済していたとしても、トモカの増額は難しくなるということですね。

理由3:勤続年数が短い

みちのく銀行のカードローンに限らず、一般的なカードローンは”職に就いていて、安定的収入がある人”を対象としています。

なので、転職を繰り返し、1つの職場での勤続年数が短い場合など、『また仕事を辞めて、いつか安定的な収入が途絶えるかもしれない』と判断され、トモカの増額審査に落ちる可能性があります。

理由4:申し込みからの利用期間が短い

トモカのカードローンの増額審査では、申し込みをしてから、ある程度の期間を利用することで、みちのく銀行との信用が生まれます。

申し込みをして、利用頻度も少ない場合、その信用関係がない状態とも言えるため、みちのく銀行側の増額審査厳しくなるでしょう。

最低でも半年ほど利用し、みちのく銀行との信用関係を築きましょう。

理由5:他社からの借り入れ件数が多い

延滞などの金融事故がない場合でも、みちのく銀行トモカ以外でのカードローン借り入れがあった場合、増額審査に落ちることがあります。

そういった他社でのカードローンの借り入れ情報などは、情報信用機関で共有されているため、すべて筒抜けとなっており、借りている金額によっては、法律上、増額ができない場合も。

 

理由6:個人情報が変更されている

住所変更などが伴う、引っ越しをした場合など、増額審査に落ちる可能性が高くなるようです。

環境が変わる、住まいが変わるというのは、所在特定のための重要な情報であるため、増額審査において非常に大きな意味を示しています。

カードローン増額審査に落ちた時の3個の対策

カードローン頑張る

無理して増額をするより、新しくカードローンの申し込みをしましょう

みちのく銀行のカードローン<トモカ>の増額審査に落ちる6つの理由を説明しましたが、増額審査対策としては以下の3つです。

  • 利用頻度を上げる。
  • 他社の借り入れを整理する。
  • 別のカードローンに申し込む。

対策1:利用頻度を上げる

増額審査に落ちる理由として、”理由4:利用期間が短い”と説明をしましたが、要はその間の”信用を見ている”ということです。

ということであれば、例え申し込みから短い期間だったとしても、借り入れをして、しっかりと返済期限内に返済をし、さらにまた借り入れをする、というように利用頻度を高めることで、みちのく銀行側の信用を得ることができます。

トモカを含め、カードローンでは、利用すればするほどその利率の積み重ねがカードローン会社側の利益となります。

そのため、みちのく銀行側も『返済が遅れず、信用のおける人で借り入れを多くしてくれる人であれば、ぜひ増額させたい』という考えをもっているので、利用頻度を高め、返済をすることで、みちのく銀行との信用関係を高めていきましょう。

対策2:他社の借り入れを整理する。

トモカのカードローン増額の審査に落ちる理由として、”理由5:他社からの借り入れ件数が多い”と説明しました。

もし、みちのく銀行トモカ以外に3件以上のカードローンを利用しているのであれば、おまとめローンなどを利用しましょう。

おまとめローンを利用することで、複数の他社カードローンを1つにまとめることができ、増額審査に通る可能性が高くなると考えてください。

カードローン返済のおまとめローンについては下記の記事で詳しく説明しています。

対策3:別のカードローンに申し込む。

みちのく銀行のトモカだけに限らず、カードローンの増額審査に落ちる原因はわかったものの、それでも増額審査に落ちてしまう時があります。

そういった場合は、無理して増額審査をする必要はありません。

現状、他社でのカードローン申込みが4社も5社もないようであれば、新しくカードローンの申込みをしたほうが、結果的に増額分の現金を早く手にすることができます。

これまで説明したように、みちのく銀行のトモカだけではなく、そもそも増額審査というのはかなり厳しくなっています。

早急に増額して現金を手にしたいと考えているのであれば、無理にカードローンの増額審査にこだわらず、みちのく銀行以外でのカードローン申込みをおススメします。

そして、ある程度のみちのく銀行との”信用”ができてきたと判断した時点で、余裕を持ってトモカの増額審査を申し込めばOKでしょう。

みちのく銀行カードローン<トモカ>の比較ポイント

カードローン

みちのく銀行のカードローン<トモカ>は、パートやアルバイト、専業主婦でも借りやすいメリットがあるけど、地域限定のカードローンです

実質年率(金利) 利用限度額 審査時間 融資まで
4.9%~14.0% 300万円 即日~2営業日 1週間~10日
メリット デメリット
  • 公共料金引落しが不足した場合の自動融資。
  • Webで申し込み完結。
  • パート、アルバイト、専業主婦の方でもOK。
  • 収入証明の書類提出不要。
  • みちのく銀行の営業区域以外は作れない。
  • みちのく銀行の口座を持っていないと作れない。

メリット1:公共料金引落し不足時の自動融資

これはなかなか画期的なサービスです。

公共料金の口座振替請求等に対して、引落しの口座の残高が不足していた場合、その不足額をトモカから借入し、その口座に入金してくれるというサービス。

カードローン助けて

今月の電話代の請求が1万円だけど、口座の残高が0円だ……

こういった場合、トモカが自動的に1万円を口座に振り込んでくれるのです。

自動融資の対象となる主な口座振替の請求は、次のとおり。

  • 公共料金(電気、携帯電話を含む電話、水道、ガス、NHK)
  • クレジットカード決済
  • 税金(国税、県税、市町村税、固定資産税、自動車税等)
  • 保険料(生命保険料、損害保険料等)
  • その他の口座振替(購読料、家賃、会費、ガソリン、灯油代等)
  • 融資返済金

よく見てみると、公共料金だけではなく、クレカや保険などの引落しにも対応している様子。

ただ、立て替えてくれるというわけではなく、これもあくまでトモカからの借り入れとなり、金利が発生するということだけは忘れないようにしてください。

メリット2:Web申し込みで完結

みちのく銀行のカードローン、トモカは銀行に直接来店する必要がなく、Webで全ての申し込みと審査を完了することができます。

<トモカ融資までの流れ>

  1. Web上の入力フォームから申し込む。
  2. 審査結果がメールにて返信。
  3. 本人確認資料を専用ページよりアップロード。
  4. みちのく銀行より、利用確認、契約の意思確認の電話。
  5. 総合的に審査が通れば、自宅にカードローン専用カードが届く。

Web上で完結出来て、なおかつ所得証明の書類が不要というのは非常にシンプルで楽ですね。

3で必要な本人確認資料は、『健康保険証 ・ 運転免許証 ・ パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付)のいずれか1点』となるため、あらかじめ用意しておきましょう。

メリット3:パート、アルバイト、専業主婦の方でもOK

基本的に”定職についていて安定的収入がある人”を対象にしているカードローンですが、みちのく銀行のトモカは、パート、アルバイト、専業主婦の方でも利用できます。

担保が必要であったり、連帯保証人などの保証人も必要なく、そこにはしっかりと保証会社が入っているのでこれだったら安心して申し込めますね。

働いていなくとも、普段の生活の中で急にお金が必要になることもあるので、トモカであれば非常に便利に利用できます。

ただし、パート、アルバイト、専業主婦の方の場合は、最高限度額が10万までとなるので注意しましょう。

メリット4:収入証明の書類提出不要

カードローンの申し込みでは、多くのカードローン会社が、収入証明書や、給料の明細など、所得が証明できる書類の提出を求めてきます。

しかし、みちのく銀行トモカの申し込みでは、そういった収入を証明する書類の提出が不要となり、パートやアルバイト、専業主婦の方でも気軽に申し込み審査を受けることが可能です。

デメリット:みちのく銀行を利用していないと作れない

多くの地方系銀行のカードローンに多いのですが、みちのく銀行のトモカも、やはり店舗やATMがある青森を中心とした東北~北海道地域でのみしか利用ができないようです。

店舗、ATMがある地域はこちら。

  • 青森市
  • 弘前市
  • 八戸市
  • 五所川原市
  • 平川市
  • 黒石市
  • 東津軽郡
  • 中津軽郡
  • 西津軽郡
  • 南津軽郡
  • 北津軽郡
  • むつ市
  • 三沢市
  • 十和田市
  • つがる市
  • 上北郡
  • 下北郡
  • 三戸郡
  • 函館
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 札幌
  • 仙台
  • 東京 ※東京支店はNG。

トモカのカードローン借入方法

トモカの借入方法はみちのく銀行や、セブンATMやローソンATM、そして提携銀行のATMからの借入となります。

提携銀行には、『ゆうちょ銀行』や『イオン銀行』などもあり、借り入れする場合に困ることはなさそうですが、時間やATMによっては所定の手数料が発生するので注意しましょう。

トモカのカードローン返済方法

みちのく銀行カードローン、トモカの返済方法は『口座振替』と『ATMから』の2種類があります。

みちのく銀行口座振替の返済方法

口座振替での返済の場合、毎月5日にみちのく銀行の口座から自動引落しとなります。

引落しの金額は借り入れ額によって変わり、以下を参考にしてください。

前月の残高 5日の返済引き落とし額
5,000円未満 繰越残高全額
5,000円~30万円未満 5,000円
30万円~50万円未満 10,000円
50万円~100万円未満 20,000円
100万円~200万円未満 30,000円
200万円~300万円未満 40,000円
300万円 50,000円

ATMでの返済方法

トモカの返済方法は、借り入れ方法と同じく、みちのく銀行や、セブンATMやローソンATM、そして提携銀行のATMから返済することが可能となります。

この場合は振替と違い、任意の金額を投入し、返済することができるので、お金に余裕がある場合は、ATMでの返済方法を利用しましょう。

まとめ

  • カードローンの増額審査に落ちる理由は、『金融事故』 『年収』 『勤続年数』 『利用期間』 『他社利用』 『個人情報変更』の6つが原因。
  • 増額審査が厳しいようであれば、無理せず新しくカードローン申込みをしたほうが早い。
  • みちのく銀行のカードローン<トモカ>は、非常に借りやすいが、使える地域が限られている。

今回は青森県を中心としたみちのく銀行のカードローン<トモカ>についての取材でした。

増額審査の対策として、申し込みから期間が経っていて、利用頻度が高いようであれば、問題なく増額審査も通ると思いますが、審査に落ちてしまい、なおかつ早急にお金がいる場合は、別のカードローン会社に申し込みをし、借り入れをしましょう。

みちのく銀行のトモカ以外のカードローンを申し込む時は、無利息の期間や、即日融資、申し込み手法など、出来る限りシンプルなカードローン会社を選ぶといいですね。

以上、

みちのく銀行カードローン<トモカ>で増額審査落ちた時の3個の対策

についての取材レポートでした。