今回の記事では、荘内銀行カードローンに関して以下の内容についてまとめてみました。

  • 返済延滞したときに生じる5つの悪影響
  • 事前にできる3つの対策まとめ

結論としては、荘内銀行カードローンWebで借入金の返済を延滞してしまうと長きにわたって悪影響を及ぼす5つのデメリットがあります。この悪影響を回避するためには、無利息サービスを実施している他社で借り入れをして、延滞する前に荘内銀行に返済してしまう方法がベストです。詳しくは記事をご覧ください。

荘内銀行カードローンWebで返済延滞したときに生じる5つの悪影響

カードローン困る

荘内銀行カードローンWebでの借入金の返済の延滞が長期にわたると5つの悪影響が発生します。

荘内銀行カードローンWebで借入をしていて期日までに返済できず延滞してしまいそうな場合や既に延滞してしまっている場合には、今後どのような流れになっていき、ご自身がどんな状況に追い込まれていくのか心配になってしまいますよね。

そこで、荘内銀行カードローンWebで返済期日までに返済出来ずに延滞をしてしまった場合に、どんな事態に発展していくのかという流れを紹介します。

  • 期日までに返済しない・・・返済日が再設定される
  • 再設定された返済日までに返済しない・・・電話・はがきによる督促が届く
  • 督促を無視する・・・訴訟警告文が届く
  • 自宅への訪問がある・・・債権回収会社が自宅に訪れる
  • 訪問も無視する・・・荘内銀行カードローンWebから一括請求・差し押さえを実行される

以上のように、延滞が長期にわたるほど次第に取り立てが一段と厳しくなっていきます。最後には、裁判所からの郵送物が届いて、財産や給料の差し押えが実行されてしまいます。

長期にわたって延滞してしまうと、将来にわたって尾を引く恐ろしい5つの悪影響が生じます。

延滞した場合の5つの悪影響
  1. 遅延損害金発生
  2. カード利用が停止
  3. 信用情報機関で金融事故として登録
  4. 一括請求・差し押さえ
  5. 他社での借り入れまでできなくなる

1. 遅延損害金発生

返済期日までに借入金の返済を行わなければ、次回返済日が再設定されます。もし、1日でも返済が遅れてしまったら遅延損害金が発生します。遅延損害金が発生してしまうと、本来返済すべき金額と合わせて遅延損害金の分まで合わせて支払うことになります。

短い期間だとそれほど大きな金額に思えないかもしれませんが、長引くと次第に膨れ上がっていきます。本来返済すべき金額に加えて、さらに余分なお金を支払うのは大変ですから、遅延損害金が発生しなくてもよいようにできるだけ予定どおりの返済期日までに返済するのが賢明でしょう。

遅延損害金はどれくらいかかる?

遅延損害金は以下の計算式により計算することができます。

遅延損害金 = 借入額(元金) × 遅延損害金利率 ÷ 365(日) × 延滞日数

荘内銀行カードローンWebへの返済を延滞することによって遅延損害金がどれくらいかかるのか計算してみます。

荘内銀行カードローンWebの遅延損害金は年率14.6%と決まっています。

もし仮に借り入れの残高が50万円残っているとすると、実際にかかる遅延損害金は延滞の期間によって以下のように計算できます。

【10日間延滞した場合】

⇒ 50万円 × 14.6% ÷ 365日 × 10日 = 2,000円

【30日間延滞した場合】

⇒ 50万円 × 14.6% ÷ 365日 × 30日 = 6,000円

【90日間延滞した場合】

⇒ 50万円 × 14.6% ÷ 365日 × 90日 = 18,000円

決められた返済期日にきちんと返済しないと、延滞すればするほど、これだけの金額が返済すべき元本と利息に加えて余分にかかってくるということです。

2. カード利用が停止

返済期日までに返済しないと、借入限度額迄利用していなかったとしてもカードの利用を停止されてしまいます。当然ながらカードの利用を停止されてしまうと、追加の借入が必要な場合に追加融資を受けることが出ません。

カード利用の停止を解除するためには、月々の返済額と遅延損害金の両方を合わせた金額を荘内銀行カードローンWebにきちんと返済しないといけません。

カード停止の解除方法は?

カード利用停止処分になったことが分かったら、荘内銀行ローンお気軽相談ダイヤルに電話して利用停止の解除を依頼することが出来ます。

後述するとおり、差押え等のより恐ろしい事態に発展しないために事前にとるべき対策としても、電話をかけて誠意を示すことが大切です。

カード利用の停止は、通常、「ついうっかり」1回延滞してしまった程度ではあまり行われません。

それにもかかわらず、カード利用が停止されてしまっているということは、荘内銀行カードローンWeb側の信用を大きく失っている状態です。

失った信用を取り戻すためにも、電話をしたらまず、延滞してしまったことをお詫びして誠意を示すことが大切です。

こちら側に問題がありカード利用が停止されているのですから、間違っても、利用停止の解除を強硬に迫ってはいけません。

あくまでお詫びの気持ちと誠意を示すようにしましょう。

電話では、再設定された期日までにきちんと返済することや今後延滞せず支払うことを誓い、カード利用停止解除のお願いをした上で、約束通りにきちんと返済をすればカード利用停止の解除をしてもらえる可能性があります。

当然ながら、延滞している月々の返済額と遅延損害金の合計をあわせてきちんと支払わないことには、カード利用停止の解除が行われることは難しいでしょう。

3. 信用情報機関で金融事故として登録

各ローン会社などは、融資可能かどうか審査をする際、個人の信用力を判断するために信用情報機関に記録された個人のクレジットやローンの利用状況を参照しています。

もし、本来の返済期日から3ヶ月経過しても未だに返済がなされないままでいると、この信用情報機関で金融事故登録されてしまうのです。この金融事故の記録は、最低でも5年間は残り続けてしまいます。それに加えてさらに、自己破産するようなことでもあったら、その記録は何と10年間もの長きにわたって保存されてしまうのです。

ある意味において、お金よりも大切にすべきなのが「信用」ではないでしょうか。

借り入れたお金を返済せずにいて信用情報機関に金融事故登録されてしまったら、長期間にわたって個人の信用力に影響を与えてしまうことになるので、金融事故登録されてしまわないうちに返済するようにしましょう。

荘内銀行が加盟している個人信用情報機関

荘内銀行は、以下の個人信用情報機関に加盟しています。

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社日本信用情報機構

4. 一括請求・差し押さえ

荘内銀行カードローンWebから行われる督促や訪問に応じずにスルーし続けていると、裁判所に訴えられてしまい、給料・財産の差押えという事態に発展してしまいます。

もしも、給料の差押えが実行されてしまったら、その間は通常もらえるはずの給料の4分の3という金額で生活していく必要があります。なぜ「4分の3」なのかというと、差押えができる給料の金額は生活保障の観点から、給与の4分の1と法令で決まっているからです。給料の全額を容赦なく差し押されてしまわない分、まだマシとも思われるかもしれませんが、通常の4分の3の給料での生活というはかなりの不自由を強いられることになってしまう人が多いと思います。

5. 他社での借り入れまでできなくなる

前述したとおり、支払い延滞をしてしまったら、信用情報機関において金融事故として記録されてしまいます。この信用情報機関の記録は、各ローン会社が個人に融資可能かどうかを判断する審査の際に参考にしていますから、金融事故が記録されてしまって以降は、他のローン会社などでの借り入れは当然のこととして住宅ローンなど大型ローンの審査も大変通りづらくなってしまうことが予想されます。

新たに借り入れすることが出来ないということは、いかなる買い物も全て現金一括払いで支払って購入しなくてはいけないと言うことです。必要度が高い高額な買い物の場合、これは非常に困ったことになります。

例を出すと、たとえば冷蔵庫が故障してしまったらどうでしょうか?冷蔵庫などの大型の生活家電を購入する際には、なかなかの高額出費となってしまいますが、もし現金一括での支払いができなかったら、冷蔵庫なしという非常に不自由な生活を送ることになってしまうのです。

事前にできる3つの対策まとめ

カードローン頑張る

荘内銀行カードローンWebで支払い遅延してしまいそうな場合、予め行える3つの対策があります。

荘内銀行カードローンWebでの借入金の返済が延滞してしまったら、ここまでお話ししてきたとおり、様々な悪影響を及ぼす恐ろしい事態に発展してしまいかねません。

荘内銀行カードローンWebでの借入金返済を期日までに出来ないことが見込まれる場合、出来る限りの対策を予めとっておくべきです。事前にとるべき3つの対策をまとめましたので、これから順番に見ていきましょう。

  1. 荘内銀行カードローンWebの担当窓口に電話
  2. 弁護士に相談
  3. 無利息での借り入れが可能なカードローンを利用

1. 荘内銀行カードローンWebの担当窓口に電話

荘内銀行カードローンWebの返済が期日どおりにできそうにないことが判明したらすぐに、、荘内銀行ローンお気軽相談ダイヤルに電話して返済について相談しましょう。返済が絶対に不可能だと思っていても必ず電話して相談しましょう。

なぜそうするのがよいかというと、電話相談することによって、きちんと返済する意思があって踏み倒すつもりではないということを荘内銀行カードローンWeb側にアピールすることができるからです。

もしも、荘内銀行カードローンWeb側に「極めて悪質な延滞者」と判断されてしまったら、直ちに裁判所での手続きに移行することさえもありえるので必ず電話するようにしましょう。

2. 弁護士に相談

「もう絶対に返済が無理」という状態になってしまった場合、弁護士に相談して、自己破産や債務整理の手続きを行うことができます。とはいえ、弁護士に対して自己破産や債務整理の手続きを依頼することにだってお金がかかるのです。

ということは、弁護士費用を支払うことさえもできなければ、債務整理や自己破産の手続きを進めることも出来ないのです。

3. 無利息での借り入れが可能なカードローンを利用

無利息で借り入れできる荘内銀行以外の他社カードローンで借り入れして、荘内銀行カードローンWebへの返済にあてるという方法があります。

他の会社のカードローンの中には、無利息で借り入れできるものがあります。無利息での借入ができるカードローンとして、30日間無利息サービスが受けられる「プロミス」「アイフル」をオススメします。

プロミスやアイフルで無利息で借り入れをして荘内銀行カードローンWebへの返済に充てれば、ご紹介したような将来に尾を引く恐ろしい悪影響を避けることが出来ます。

プロミスやアイフルで30日間無利息で借り入れをするためには、「初回利用」であることなどの利用条件があります。

以下の2つの記事内で、無利息で借り入れるための詳しい条件やサービスの詳細内容、実際に利用した方の生の声の口コミなどをご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧下さい。

プロミスの口コミ&評判!職場確認・審査・家族バレの実態を調査しました。

アイフルの口コミ【審査に通った人に年収と職業アンケート実施】利用者の5段階評価も!

多くの口コミで実証されているとおり、プロミス・アイフル共に非常に審査が早く最短即日での借入をすることもできますので、荘内銀行カードローンへの返済期日が差し迫った状況でも安心して利用できます。

プロミスもアイフルも知名度が高いので安心して利用できますし、家族や職場の人にもバレにくいのも安心ですね。

プロミスやアイフルで借り入れをして、返済を延滞してしまう前に荘内銀行カードローンWebへの返済金を用意することが出来ます。30日間無利息サービスの期間を活用して、短期バイト等の手段でお金を用意して返済すれば損することもありません。

もし、無利息サービスの期間内に返済することが出来なかったとしても、とりあえずは窮地から逃れることができるのです。

荘内銀行カードローンWebへの返済を延滞してしまって、差押え等の恐ろしい事態に発展してしまう前に、まずは無利息サービスのあるプロミスのご利用を検討してみるとよいでしょう。

プロミス

もしも、既にプロミスでの借り入れのご経験があるためにプロミスでは30日間無利息サービスが利用できないということなら、同様の30日間無利息サービスのあるアイフルの利用を検討してみて下さい。

アイフル公式サイトへ

まとめ

  • 荘内銀行カードローンWebカードで長期に渡り支払い遅延すると5つの悪影響が発生します
  • 金融事故登録されてしまうと、将来、住宅ローン審査にも通りにくくなります
  • 延滞してしまう前にとることが出来る3つの対策があります

荘内銀行カードローンWebで支払い遅延してしまった場合に発生する恐ろしいデメリットから逃れるための対処法が3つありましたが、その中でも最もオススメなのが30日間無利息サービスを利用し、他社で借り入れをして、荘内銀行カードローンWebへの返済を行う方法です。

無利息サービス期間中に、短期バイトなどをして返済にあてるお金を作って返済すれば、荘内銀行カードローンWebで延滞せずに済むのでカード利用の停止を受けることなくそのままカードを使うこともできます。