今回の記事では、スピードカードローンへの返済を延滞してしまいそうな時、既に延滞してしまっている時に気になる以下の事項についてまとめました。

  • 返済延滞した場合に将来に悪影響を及ぼす5つのデメリット
  • 事前にできる3つの対策まとめ

結論としては、スピードカードローンネオで借入金の返済が遅滞してしまうと、将来にわたり悪影響を及ぼす5つのデメリットがあります。この恐ろしい悪影響を回避するには、無利息サービスがある他社で借りて、延滞する前に返済してしまう方法がベストです。詳しくは記事をご覧ください。

スピードカードローンネオで返済延滞した場合の5つのデメリット

カードローン困る

スピードカードローンネオでの借入金の返済を延滞して長期にわたってしまうと5つのデメリットが発生すると考えられます。

スピードカードローンネオで返済を延滞しそうな時やもう既に延滞してしまっている時には、

  • 今後手続きがどのように進んでいくのか
  • ご自身がどんな状況に追い込まれていくのか

という点について気になるところだと思います。

そこで、スピードカードローンネオで借り入れをしていて返済期日に返済出来ず延滞してしまった場合、どのような事態に発展していくのかという流れについてご紹介します。

  • 期日までに返済しない・・・返済日を再設定
  • 再設定した返済日までに返済しない・・・電話・はがきによる督促が届く
  • 督促を無視する・・・訴訟警告文が届く
  • 自宅訪問・・・債権回収会社が自宅に訪れる
  • 訪問をも無視・・・スピードカードローンネオから一括請求・差し押さえされる

以上のように、段階が進むにつれて取り立てが段々と厳しくなっていきます。最終的には、裁判所から郵送物が届き、財産や給料が差し押えられてしまいます。

そして、長期にわたって延滞すると、将来にわたって悪影響を生じさせうる5つのデメリットが発生します。

延滞した場合の5つのデメリット
  1. 遅延損害金の発生
  2. カード利用の停止
  3. 信用情報機関での金融事故登録
  4. 一括請求や差し押さえ
  5. 他社で借り入れできなくなる

1. 遅延損害金の発生

決められた返済期日までに返済しないと、次回返済日が再設定されます。もしも、1日でも返済が遅れてしまうと、遅延損害金が発生します。

遅延損害金が発生すると、本来の返済金額と合わせて余分なお金を支払うことになってしまいます。余分なお金を支払うのはバカらしいことなので、遅延損害金が発生せずにすむように可能な限り予定された返済日に返済するのが賢い行動だと思います。

スピードカードローンネオの遅延損害金はどれくらい?

遅延損害金は、以下の計算方法で算出できます。

遅延損害金 = 借入額(元金) × 遅延損害金利率 ÷ 365(日) × 延滞日数

ここで、スピードカードローンネオへの返済が期日から遅れると、遅延損害金がどれくらいかかることになるのか計算してみましょう。

スピードカードローンネオの遅延損害金は年率14.6%と規約で規定されています。

もしも、借入残高が100万円残っているとした場合、課される遅延損害金は延滞期間により以下のとおり計算できます。

【30日間延滞した場合】

⇒ 100万円 × 14.6% ÷ 365日 × 30日 = 12,000円

【90日間延滞した場合】

⇒ 100万円 × 14.6% ÷ 365日 × 90日 = 36,000円

【180日間延滞した場合】

⇒ 100万円 × 14.6% ÷ 365日 × 180日 = 72,000円

返済期日までに返済せず、延滞すればするほど、これだけの金額を本来返済するべき元本・利息にプラスして余分に支払う必要があるのです。

2. カード利用の停止

指定された期日までに返済しなかった場合、設定された借入限度額に到達してなくてもカード利用が停止され、利用することが出来なくなってしまいます。追加融資が必要になってしまうこともあると思いますが、そんな時にカードが止まっていても追加での借入ができません。

月々の返済額と遅延損害金とを合わせたお金をスピードカードローンネオに対してきっちり返済しないとカードは止められたままになってしまいます。

カードを停止されたら解除できる?

カードを利用停止されてしまった場合、対処方法として北都銀行スピードカードローンネオの担当窓口(北都銀行すまいるローンプラザ)に電話をかけることが必要です。

差押え等のより恐ろしい事態に発展しないために事前にとるべき対策としても後述しますが、カード利用停止の解除のためにも電話をかけて誠意を示すことが大切です。

カード利用を停止されることは「ついうっかり」1回延滞してしまった程度では通常あまり行われることはありません。

ということは、カード利用の停止にまで事態が発展している時点で、スピードカードローンネオ側の信用を著しく失っている状態です。

失われた信用を回復するためにも、電話ではまず延滞してしまったことを誠心誠意お詫びすることが重要です。

焦る気持ちはあるとおもいますが、間違っても、利用停止の解除を強硬に迫るようなことはしてはいけません。

あくまで、こちらが約束通りに返済出来ていないためにカード利用が停止されているのですから、誠実にお詫びの気持ちを示すようにしましょう。

  • 再設定された期日までにきちんと返済すること
  • 今後延滞せず支払うこと

を誓って、カード利用停止解除のお願いをした上で、きちんと約束通りにきちんと返済できればカード利用停止の解除をしてもらえる可能性があります。

ただし、延滞している金額と遅延村が金を根本的に返済しない内には、カード利用停止が解除されることはないでしょう。

3. 信用情報機関での金融事故登録

ローン会社等は、個人の信用力を判断するときの参考資料として、信用情報機関に記録されている個人のクレジットカードやローンの利用状況を見ています。

もしも、返済期日から3ヶ月が経過してもまだ返済が行われないままだと、この信用情報機関において金融事故として登録されてしまいます。この記録は、5年間は最低でも残ってしまいます。さらに、もしも自己破産するようなことでもあれば、その記録は10年間も保存されてしまいます。

遅延損害金の金額そのものは、返済期日から遅れている日数がまだ少ない時点では、そこまで大きな金額ではないように感じるかもしれませんが、お金よりも大いに大切にすべきなのが「信用」です。

借入金を返済せずにいると信用情報機関で金融事故登録されることにより、長期間にわたり、個人の信用力に影響を与えてしまいますから、金融事故登録される前にはきちんと返済するようにしましょう。

北都銀行が加盟している個人信用情報機関

スピードカードローンネオの実施主体である北都銀行は、以下の個人信用情報機関に加盟しています。

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社日本信用情報機構
  • 株式会社シー・アイ・シー

4. 一括請求や差し押さえ

スピードカードローンネオからの督促や訪問を無視し続けてしまっていると、裁判所に訴えられ、給料や財産を差し押さえされてしまいます。

給料を差押えされてしまったら、その間、通常の給料の4分の3の金額で生活をして行かなければならなくなります。差押え可能な給与の金額は生活を保障するために、給与の4分の1と法令で決まっているからです。全額差し押さえられないだけマシかもしれませんが、通常の4分の3の給料での生活期間中は大変な不自由を強いられることになってしまいます。

5. 他社で借り入れできなくなる

前述のように、支払いを延滞してしまうと信用情報機関にて金融事故として記録されてしまいます。各ローン会社が個人に融資可能かどうかを判断する審査の際に、この信用情報機関の記録を参考にしますので、金融事故として記録されてしまった後は、他社での借り入れは当然のこととして住宅ローンなど大型ローンの審査についても通りづらくなってしまいます。

新たな借入ができないということは、つまり、どんな買い物であれすべて現金一括払いで支払わなくてはいけなくなるということです。これはなかなか困った事態だと思います。

たとえば、冷蔵庫など大型の生活家電が故障してしまったりでもしたときに、現金一括での支払いができなかったら、冷蔵庫なしというとっても不自由な生活を送っていかなければならないんです。

事前にできる3つの対策まとめ

カードローン頑張る

スピードカードローンネオで支払い遅延してしまいそうな場合、予め対策できる方策が3つあります。

スピードカードローンネオでの借入金の返済が滞ってしまうと、これまで見てきたように将来にわたって悪影響を及ぼす恐ろしい事態が待っています。

スピードカードローンネオでの借入金の返済が指定期日までにできそうになければ、返済を遅延してしまう前に可能な限りの対策を予めとっておくようにしましょう。これから、事前にとっておくべき3つの対策についてまとめましたので順番に見ていきましょう。

  1. 北都銀行スピードカードローンネオの担当窓口に電話
  2. 弁護士に相談
  3. 無利息での借り入れが可能なカードローンを利用

1. 北都銀行スピードカードローンネオの担当窓口に電話

スピードカードローンネオの返済が期日に間に合いそうにないとわかったらすぐ、北都銀行スピードカードローンネオの担当窓口(北都銀行すまいるローンプラザ)に電話します。返済がまず無理だと分かっていたとしても、絶対に電話して相談しましょう。

なぜなら、このように電話相談することにより、ちゃんと返済の意思があり踏み倒すつもりでないということをスピードカードローンネオ側に示すことができるからです。

もしも、この時点でスピードカードローンネオ側が「こいつは極めて悪質な延滞者だ」と判断してしまったら、すぐにでも裁判所での手続きにいってしまうこともありえるので、必ず電話しましょう。

2. 弁護士に相談

「これはもう絶対に返済が無理だ」というような状態になってしまったなら、弁護士に相談して債務整理や自己破産などの手続きを行うこともできます。しかし、弁護士に債務整理や自己破産の手続きを依頼するといっても費用がかかります。

弁護士に対して費用を支払うことが出来なかったら、手続きを進めることも出来ませんので、そもそも債務整理も自己破産も行うことが出来まえせん。

3. 無利息での借り入れが可能なカードローンを利用

スピードカードローンネオ以外にもたくさんのカードローンがあります。そして、その中には無利息での借り入れが可能なカードローンもあります。そういった無利息で借り入れできる他社カードローンで借入をして、その借り入れたお金をスピードカードローンネオへの返済に充当するという方法もあります。

無利息借入ができるカードローンとして、30日間無利息サービスが利用可能なプロミスとアイフルの2社がオススメです。この2社は、「初回利用」であることなどの条件を満たせば、30日間無利息で借り入れすることが出来ますが、大手なので信頼もありますし、口コミでも評判もいいので非常に安心して利用することが出来ます。

「プロミス」「アイフル」で無利息で借り入れをして、スピードカードローンネオへの返済を延滞してしまう前に返済をすれば、将来にわたって悪影響を及ぼす恐い事態に発展することを未然に防ぐことができるのです。

プロミスとアイフルの詳しい利用条件やサービスの内容、口コミなどについては下記の2つの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご自身の目でご覧になってその評判を確かめてみて下さい。

プロミスの口コミ&評判!職場確認・審査・家族バレの実態を調査しました。

アイフルの口コミ【審査に通った人に年収と職業アンケート実施】利用者の5段階評価も!

上記記事の多くの口コミが指し示すとおり、プロミスとアイフルのどちらも

  1. 審査が非常に早く即日での借り入れもできる
  2. 大手なので信頼感がある
  3. 家族や職場にもバレづらい

といった特徴を持っているので、安心して利用できます。

特に、即日での借り入れも可能な非常にスピーディーな審査は、スピードカードローンネオへの返済を延滞しそうになっている差し迫った状況では、まさにうってつけです。

スピードカードローンネオへの支払いを延滞してしまい、差押えなどの怖い状況に陥ってしまうことを未然に防ぐために、まずは無利息での借り入れができるプロミスのご利用を検討してみてください。

プロミス

もし、過去にプロミスの利用経験があって「初回利用」というプロミスの30日間無利息サービスの要件を満たすことが出来ないようでしたら、同じく30日間無利息サービスのあるアイフルの利用を検討してみて下さい。

アイフル公式サイトへ

プロミスまたはアイフルから借り入れをして、スピードカードローンネオカードへの支払いを延滞してしまう前に、返済金を用意することが出来れば、いったん差し迫った窮地から逃れることが出来ます。30日間無利息サービスの期間中に、不用品を転売したり短期のバイトをしたりして、お金を用意して返済すれば損することだってありませんね。

まとめ

  • スピードカードローンネオカードで長期に渡り支払い遅延すると将来に渡り悪影響を及ぼす5つのデメリットが発生します
  • 金融事故登録されてしまったら、将来の住宅ローン審査にも通りにくくなります
  • 延滞してしまう前に講じることの出来る対策が3つあります

スピードカードローンネオで、返済を延滞していると返済しなければならない額がさらに膨れ上がっていきます。支払い遅延によって発生する恐ろしいデメリットから逃れるための対処法として3つの方法があるわけですが、その中でも最もオススメできるのが30日間無利息サービスを利用し、他社で借り入れをして、スピードカードローンネオへの返済を行うという方法です。

無利息サービスの期間中に、短期バイトなどをして返済にあてるお金を作って返済すれば、スピードカードローンネオに対して延滞せずに済みますからカード利用を停止されることなくそのままカードを使うことだってできます。