今回の記事では、以下の内容について調べてみました。

  • カードローンの利用目的は審査に影響するか
  • 審査に落ちやすい利用目的
  • 審査に通りやすい利用目的

結論から言うと、カードローンの利用目的をどのように回答するかは審査に影響します。審査に通りやすい利用目的として、冠婚葬祭などの急な出費や資格取得などの自分を高めるための出費といった利用目的がおすすめです。

・・・詳しくは記事をご覧ください!

カードローンの利用目的は審査に影響するか

カードローン

カードローンの利用目的をどのように答えるかは審査に影響します。

カードローンは利用目的が制限されていません。カードローンで借りたお金を何に使おうと自由です。

しかしながら、それは審査に通って実際に利用しようとするときに、借りたお金をどう使うかという話です。

審査の段階では、尋ねられた利用目的にどのように答えるかによって審査に通るかどうかに影響する可能性があります。

カードローンで借りたお金の使い道自体は自由

世の中には、一口にお金を借りるといっても様々な方法があります。ローンにもいろいろとあるわけですが、中には使いみちが制限されているものもあります。

たとえば、

  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • 事業者ローン

などです。

マイカーローンであれば、自動車を購入するためのローンですし、住宅ローンであれば住宅を購入するためのローンです。教育ローンは学校に払う費用など教育資金のためのローンですし、事業者ローンは事業用資金のためのローンです。

これらのローンは、借りたお金を何に使うかという目的が決まっている目的別ローンです。マイカーローンで借りたお金を生活費や娯楽費に使うことはできません。

それに対して、カードローンはフリーローンですので、目的別ローンのように使い道が限定されているわけではありません。したがって、カードローンで借りたお金は何に使おうと自由です。

ただし、審査時に回答する利用目的については別

しかしながら、カードローンに申し込んでまだ審査の通っていない段階では、利用目的について何と回答するかによって審査に通過するかどうかに影響することがあります。

カードローンでは、無担保・無保証人でお金を借りることができますが、これは裏を返せば、カードローン業者からすればお金を貸す相手の信用(返済能力)を非常に重視しているということです。

お金を貸した相手が、きちんと返済期日に遅れずに支払いを継続的に行ってもらえないとカードローン業者の商売は成り立ちません。もしも、回収不能になってしまったらカードローン業者は大損です。

それにもかかわらず、無担保・無保証人でお金を貸し出すのですから、カードローン業者が審査をする際には、「きちんと借りたお金を返済していける人かどうか」を非常に重視しています。

そして、審査の段階で、借りたお金の利用目的について尋ねられた際に答える内容も、場合によってはこの「きちんと借りたお金を返済していける人かどうか」という判断に影響することがあるのです。

カードローンの主な審査基準

カードローンの主な審査基準には、例えば以下のようなものがあります。

  • 年齢
  • 住所
  • 勤務先
  • 収入
  • 勤続年数
  • 返済履歴

これらの事項を確認するのは、やはり「きちんと借りたお金を返済していける人かどうか」を判断するためです。

カードローンの利用目的の答え方が審査に影響を与える例

カードローンの利用目的について、審査担当者に対してどのように答えるかが審査に影響を与えることをイメージしていただきやすいように例を設定して説明します。

たとえば、年収や年齢や返済履歴などの情報がすべて同じAさんとBさんがいたとします。

AさんとBさんが、利用目的について

  • Aさん「利用目的はパチンコの資金です。増やして返済します。」
  • Bさん「利用目的は車の修理です。急に車が故障してしまったので修理費用として使います。」

とそれぞれ答えたとしたら、審査担当者はどちらを選ぶでしょうか?

審査担当者がどちらか1人だけを選ぶとしたら、間違いなくBさんを審査に通して、Aさんを落とすでしょう。

「きちんと借りたお金を返済していける人かどうか」という面で心象のよいのは間違いなくBさんです。

Bさんの車が故障して急に修理費用が必要になったという理由は、突発的に意表を突かれて発生する出費なので仕方ないと納得できます。

それに引き換え、Aさんのようにギャンブルの資金のためということでは、ギャンブルに勝って返済してもらうよりも、逆にギャンブルに負けてお金を減らしてまう可能性のほうが高いでしょう。Aさんのような無計画な理由では「きちんと借りたお金を返済していける人かどうか」という面で疑問を抱かれてしまっても仕方ありません。

このように、利用目的についての答え方で審査に影響することはやはり間違いなくあるのです。

カードローン審査に落ちやすい利用目的

カードローン

ギャンブル、他社への返済、投資、生活費、引っ越しなどという利用目的は審査に落ちる可能性が高いので避けましょう。

カードローンの審査の際に、審査担当者に答える利用目的によっては、高確率で審査に落ちてしまうものや落ちる確率を引き上げてしまうものがあります。

審査に落ちやすい利用目的の特徴

審査に落ちやすい利用目的の特徴は、主に以下のとおりです。

  • 返済の見込みがない
  • 計画性がない
  • 継続的である

計画性がなく、返済の見込みのない支出を利用目的としていては、回収不能に陥る可能性が高いので審査に落ちやすくなります。

また、生活費など今後も継続的に発生し続ける費用を利用目的とする場合も、返済能力を低く見られ審査に落ちやすくなります。

審査に落ちやすい利用目的の具体例

ここでは、代表的な例として

  1. ギャンブル
  2. 他社への返済
  3. 投資
  4. 生活費
  5. 引っ越し

を紹介します。

1.ギャンブル

すでにパチンコの例をご紹介しましたが、ギャンブルは審査に落ちる利用目的の典型例です。

パチンコ、競馬、競艇、競輪などギャンブルをしても勝てる確証などありません。ギャンブルで勝つ人ばかりだったら胴元は商売になりませんから、買ってお金を増やすよりも負けて逆にお金を減らしてしまうほうが圧倒的に多いのです。

借りたお金をパチンコや競馬などのギャンブルにつぎ込むというのは、まさに「お金にだらしない人」のイメージそのものだと思います。そのような計画性のない使い方では、審査担当者にきちんとお金を返済してくれる人だと信用してもらえることはまずないでしょう。

2.他社への返済

他社での借入金の返済のために、お金を借りるというのも審査担当者の印象はよくありません。

これは言葉を変えると、自ら多重債務者になると宣言しているようなものです。

複数のローン会社から借り入れをしてまで返済をしないといけないような状況では、その人にお金を貸したとして、今後滞りなくきちんと返済していってくれるかと疑問に思われても仕方がありません。

カードローン業者の人は、多重債務を抱えて返済不能になってしまったために、最後には債務整理や自己破産に至ったという事例をこれまでにも見てきていることと思います。

今後、貸したお金を回収できなくなる可能性の高い多重債務者には、カードローン会社がお金を貸したくなどないのは当然のことです。

「他社への返済」という利用目的でも審査に通る例外ケース

おまとめローンや借り換えローンに申し込む場合には、「他社への返済」という理由でも問題ありません。

おまとめローンは、複数の借り入れを1社にまとめるためのローンのことです。また、借り換えローンは金利などの面で有利な他社に借り換えるローンのことです。

おまとめローンと借り換えローンは、現在利用している借り入れが複数あるのか1社のみなのかという違いがあるだけで、どちらも他社から借り換えるためのローンです。

基本的には同様のものですがおまとめローンや借り換えローンは

  • 2社以上から借り入れていて借入額、返済額、返済日などがバラバラで返済計画が立てづらい
  • 金利が高いのでより金利の低いところに借り換えたい

などという場合に利用することがあります。

おまとめローンや借り換えローンでは、借りたお金で他社での借り入れを返済することを目的にしていますので、審査時に「他社への返済」という利用目的を言っても当然ながら問題ありません。

3.投資

株やFXなどの投資もギャンブルと同様です。

株やFXなどの投資に借りたお金をつぎ込んでも、お金が増えて返ってくるとは限りません。逆にギャンブルと同じようにお金を減らしてしまうことのほうが多いでしょう。

借りる本人からすれば、投資で増やして返済する気満々でしょうけども、必ずお金が増えて戻ってくるなどという保証はどこにもありません。

投資に関してもギャンブルと同様に、「きちんとお金を返済してくれる人」という点に照らして考えると審査担当者からすればやはりよい印象は抱かれません。

それどころかむしろ、FXでは投じたお金よりも大きくマイナスになる危険性もあるので、パチンコや競馬よりもカードローン会社は警戒するようです。

4.生活費

実際に借りたお金を生活費に当てたいと思ってカードローンを利用する人も多いでしょうし、実際、生活費を利用目的として申告される例は多いようです。

生活費という利用目的は、一見するとそれほど問題なさそうに思われるかもしれません。

しかしながら、実はこれも審査担当者のウケが良くない利用目的の1つです。

なぜなら、日常的に発生している食費や家賃をカードローンで借りてまで支払わないと行けないということは、それだけお金のないカツカツの状態で暮らしていると思われるからです。

食費や家賃などは、一時的なものでなく今後も継続的に発生してくものなのに、借金をして生活費を支払わないといけないようでは、今後滞りなく返済してくことも危ぶまれます。

お金に余裕があるなら、日常的に発生する生活費は借金などをせずともやりくりして行けているはずですなので、生活費を利用目的とした場合、返済能力を低く見積もられても仕方ありません。

5.引っ越し

引っ越し費用という利用目的も生活費と同じように、一般的によく使われている利用目的です。実際、引っ越しをするとなると何かとお金がかかります。

しかしながら、実はこれも審査担当者が警戒する利用目的の1つです。

引っ越し費用は、基本的には一時的な出費にもかかわらず、なぜ審査担当者が警戒するかというと、連絡がつかなくなってしまう危険性があるからです。

カードローン会社は、貸したお金と利息をきちんと回収しなければいけませんから、貸した相手と連絡が取れなくなってしまうことを非常に恐れます。

引っ越しによって連絡が取れなくなってしまうようなことがないか警戒されるのです。

カードローン審査に通りやすい利用目的

カードローン

審査に通りやすいカードローンの利用目的として、スキルを高めるための自己投資資金や冠婚葬祭等のやむを得ない突発的な出費などがおすすめです。

お金を借りたい人からすれば、カードローンの審査にはどうしても通りたいはずです。

ここでは、カードローンの審査に通りやすいおすすめの利用目的を紹介します。

審査に通りやすい利用目的の特徴

審査に通りやすい利用目的の特徴は、主に以下のとおりです。

  • 返済の見込みがある
  • 前向き
  • 単発的

継続的に発生する支出でなく予定外に生じた単発的なイベントのための支出や、将来の返済能力を向上させるようなスキルアップや資格取得などのための前向きな利用目的は審査に通りやすいです。

審査に通りやすい利用目的の具体例

ここでは、代表的な例として

  1. 資格取得
  2. 冠婚葬祭
  3. 車の修理

を紹介します。

1.資格取得

資格取得費用は審査に通りやすい利用目的です。

資格取得やスキルアップのためにスクールなどに通うなどして、資格を取得したりスキルを身につけることによって、今後、契約社員から正社員になることができたり、職場での役職が向上すれば収入も増えることが見込まれます。

そうなれば、将来の返済能力を向上させることに繋がりますので、資格取得などの利用目的は審査に通りやすいです。

2.冠婚葬祭

冠婚葬祭は、前触れなく突然発生する支出です。

友人の結婚式出席や親類のお葬式参列などのために、お金を包まないといけなかったり、遠方に旅行することにでもなればそれなりの出費が必要になることもあります。

冠婚葬祭は通常、一時的なものであって、継続的に発生するものではありません。

今後は滞りなく返済していくことが見込まれるので、冠婚葬祭関係の出費を利用目的とすると審査に通りやすいです。

3.車の修理

車の故障も突発的に一時的に発生する支出です。

修理をしてしまえば、基本的にはそれきりで継続的に発生する種類の支出ではありません。

一度修理をしてしまえば、今後は滞りなく返済していくことが見込まれるので審査に通りやすいです。

まとめ

  • 借りるお金の利用目的がカードローンの審査に影響することがあります。
  • ギャンブル、他社への返済、投資、生活費、引っ越しなどの理由は審査に落ちる可能性を高めてしまいます。
  • 資格取得などスキルを高めるための自己投資や冠婚葬祭など突発的な出費といった理由は審査に通りやすくおすすめです。

借りるお金の利用目的をどのように答えるかによって、カードローンの審査に影響することがあります。

カードローン会社は、「今後滞りなく返済していける人」かという視点で判断をするため、返済能力を疑われるような利用目的を伝えると審査に落ちる可能性があります。

資格取得費用などの前向きな支出や冠婚葬祭などの突発的で一時的な出費は、審査に通りやすいのでおすすめです。