メルカリ不用品販売現金

今回の記事では、メルカリで不用品販売!何日で現金が手に入る?やり方を解説!口コミ&評判についてをまとめてみました。

  • メルカリとは?
  • メルカリの基本的な使い方
  • 何日で現金が手に入る?
  • メルカリを使うメリット
  • メルカリを使う時の注意点
  • メルカリで商品を売る時のコツ

メルカリで不用品販売をする方法を徹底解説してみました。メルカリを使うメリットや注意点、売れやすくするコツなど詳しくは記事をご覧ください!

メルカリとは?

カードローン

メルカリは初心者でも簡単に出品販売が出来るアプリです。

メルカリはスマートフォンで不用品を売り買い出来るアプリです。カレージセールやバザーの様な感覚で自宅にある不用品を簡単に売る事が出来るのが特徴です。スマートフォンで商品の画像を撮影し、そのまま出品することが出来ます。初心者でも簡単に出品が出来ますし、商品のカテゴリーも幅広く赤ちゃんグッズから自動車まで多くの商品を取り扱っています。

以前はスマートフォンでしか売り買い出来ませんでしたが、現在はパソコンでも取り引きが可能となりました。またリアルタイム配信で動画を配信して商品の説明をしたり見たり出来る様になっています。

メルカリの基本的な使い方

カードローンにっこり

スマートフォンで全ての取り引き(3ステップ)が出来ます。

メルカリの基本的な使い方は、シンプルですので3ステップで説明出来ます。

  1. 出品・・・スマートフォンで商品の画像を撮影し、商品の状態や特徴などを説明する文章を考えアプリから必要事項を入力し出品する
  2. 配送・・・多少のやり取りをした後、商品が売れたら購入者に発送し配送連絡をする
  3. 評価・・・商品を受け取った購入者が出品者を評価して、代金を受け取る

メルカリ販売ステップ1:出品

まずは商品の画像を4枚撮ります。新品や未使用品であれば角度を変えて、中古品であればその状態が分かるように撮影します。全体画像+部分画像と言うようにパッと見て商品の状態を確認出来る様にすると良いでしょう。この時、傷や汚れがある場合は、その部分を写すようにします。

次に商品の情報を考えます。基本的な事であれば、服ならブランドや素材など、電化製品であればメーカー・型番・性能などを書き出します。その上で特徴や売り込みたいポイントを書き出します。

アプリでの出品

メルカリ不用品販売現金

アプリを開いてカメラのマークをタップすると出品の画面に行きます。記入するのは以下の項目です。

画像

最大で4枚まで設定できます。そのままスマホのカメラで撮影可能なので楽に撮影することができます。

商品名と説明

商品名が40文字までで、商品の説明は1,000文字以内です。

商品の詳細

  • カテゴリー・・・大カテゴリー、中カテゴリー、小カテゴリーと選ぶ商品もあります。
  • サイズ・・・日本と海外のサイズは違いますので日本で一般的に使われているサイズにして選びます。
  • ブランド・・・任意で選びます。
  • 商品の状態・・・新品未使用・未使用に近い・目立った傷や汚れなし・やや傷や汚れあり・傷や汚れあり・全体的に状態が悪いから1つ選びます。
配送について

  • 配送料の負担・・・送料込み(出品者負担)・着払い(購入者負担)のどちらかを選びます。
  • 配送の方法・・・未定・ゆうメール・レターパック・普通郵便(定形・定形外)・クロネコヤマト・ゆうパック・クリックポスト・ゆうパケットから選びます。
  • 配送元の地域・・・発送する都道府県を選びます。
  • 配送までの日数・・・1~2日で発送・2~3日で発送・4~7日で発送から1つ選びます。
販売価格

自分が売りたい価格を入れます。金額を入力すると販売手数料と販売利益の金額が自動で表示されます。

メルカリ販売ステップ2:発送

商品が売れたら、購入者がメルカリに支払いを行った後にお知らせが入りますので支払い確認をしてから、購入者の住所を確認し商品を発送します。

発送はらくらくメルカリ便や郵便局・クロネコヤマト(コンビニ)から行うことが出来ます。らくらくメルカリ便は送料が最大69%オフ・宛名書き不要・集荷可能・匿名配送可能と言う特徴があります。全国一律の送料・対応サイズが幅広い・配送状況がスマートフォンで確認できる・あんしん配送保証があるのがメリットです。

メルカリ販売ステップ3:評価

メルカリ不用品販売現金

購入者が商品を受け取ったら、良い・普通・悪いの3つから選んで出品者を評価します。出品者も購入者を評価して、お互いの評価が終わったら取り引きが完了します。銀行口座を指定して、振り込み申請を行うと事務局から振込手数料を差し引いた売上が振込まれます。らくらくメルカリ便を使うと送料も売上から差し引かれます。10,000円未満の振り込みは210円の手数料がかかります。

メルカリNOWを使う

メルカリ不用品販売現金

ハイブランドの商品をすぐにお金にする事が出来るサービスですが、開始が10時からで人気がありすぐに1日の買い取り上限に達するので、なかなか売ることが出来ない状態です。ブランドと商品の状態を選んで商品を撮影すると買い取りの査定価格が表示されますので、納得出来ればその場で売る事が出来ます。

生配信を使う

メルカリ不用品販売現金

文字通り生放送で商品の説明を行う事が出来るサービスです。某動画サイトのようにライブにコメントが流れていきます。文字での説明より話す方が伝えやすい人には向いているサービスでしょう。

メルカリは何日で現金が手に入る?

カードローンふむふむ

メルカリの振り込みスケジュールがあるので即日現金化が出来ません。

メルカリ不用品販売現金

メルカリでは、売上金が自動で振込まれる仕組みにはなっていませんので自分で振り込み申請をする必要があります。基本的に振込申請の締切日は毎週月曜日で、申請日から数えて4営業日に振込が行われます。土日祝日は営業日に含まれていません。祝日が多い時期には振込が遅くなりますので、早めに申請しておくようにしましょう。4月の振込スケジュールを見ると最大申請から10日後に振込が行われる日があります。

メルカリを使うメリット

カードローン

メルカリはユーザー数が多く売れるスピードが早いのが最大のメリットです。

メルカリを使うメリットは大きく分けて5つあります。

  1. お手軽
  2. 簡単
  3. 売れるスピードが早い
  4. 金銭トラブルが少ない
  5. 発送が簡単

お手軽

スマホアプリで全ての取り引きが完了するのでお手軽です。わざわざカメラやパソコンを使う必要もありません。画像の簡単な加工もアプリで行えますので、スマートフォン1つあれば、メルカリでの取り引きが出来ます。

簡単

先程、メルメリでの取り引きの流れをご紹介した通り初心者でも簡単に出品が出来ます。専門的なツールも知識も経験も必要がないので誰でも取り引きを行うことが可能です。

売れるスピードが早い

メルカリユーザーは、どんどん増えていますので、ヤフオクやネットショップなどと比較すると売れるスピードがとても早い傾向があります。出品する時間帯によっては即売れる事もあります。

金銭トラブルが少ない

メルカリは販売手数料を10%取っていますが、購入者が商品代金をメルカリに支払った後の発送・商品受け取り後評価してからの売上となりますので、出品者も購入者も安心して取り引きを行う事が出来ます。ヤフオクやネットショップはお客さんと直に取り引きをしますので、何か問題が起これば双方直接やり取りをする必要がありますので、大変な思いをする事もあります。メルカリは事務局が間に入ってくれますのでトラブルが起こりにくくなっています。

発送が簡単

らくらくメルカリ便を使えば、クロネコヤマトや提携先のコンビニで送付状をプリントアウト出来ますので、発送も簡単です。手書きで書き間違いをする心配もありません。

メルカリを使う時の注意点

カードローン困る

出品者も購入者も素人なのでマナーが悪い傾向にあります。

メルカリユーザーは他のフリーマケットアプリやヤフオクなどと比較しても圧倒的に多いのですが、若い世代も多く参入していますのでマナーに関するトラブルも起こりやすい傾向にあります。

  1. マナーが悪い
  2. 出金に申請の手間がかかる
  3. 販売価格が安い
  4. 取り置きしても買わない
  5. 手数料がかかる

マナーが悪い

メルカリユーザーは日々増えていますので他のアプリと比較すると圧倒的なユーザー数が存在していますが、中学生や高校生のユーザーも多いので言葉遣いが悪かったり、対応が悪いと言う話もよく聞きます。また子育てママも多く参入していますので、値引きの交渉などのやり取りが必要なのも面倒なことの1つです。値引き交渉に応じなかった時に悪口をコメントしたり、商品到着後に色が違って見えるなどの理由で返品されるケースもあります。

出金に申請の手間がかかる

先程ご紹介した通り、商品の購入者が代金を支払っても取り引きが完了した後で出金申請を行う手間がかかり入金にも日数がかかります。売れて即現金を手にする事が出来ないので面倒臭さを感じます。

販売価格が安い

ヤフオクでは、オークションなので取り引き金額がアップする事があったり、ネットショップも好きな価格をつけられるので販売価格が高くなったりしますが、メルカリはフリマアプリがコンセプトなので販売価格が安くなる傾向があります。

取り置きしても買わない

メルカリの特徴の1つに購入希望者のためにお取り置きをすると言うものがあります。すぐに買えないけど数日後に買いますのでお取り置きして下さいと言う感じで、出品者が●●様専用としてお取り置きをしてあっても買わない人が存在しています。全ての人が買わない訳ではありませんが、お取り置きしている期間がロスタイムになる可能性があります。

手数料がかかる

メルカリは登録・出品は無料ですが販売した時に10%の手数料がかかります。売上の全てをもらえる事はありません。販売者と購入者の間にメルカリが入っていますので、トラブルを避ける手数料だと思えば高くないかもしれません。

メルカリで商品を売る時のコツ

カードローンふむふむ

メルカリは見た目が全てですので綺麗な画像が必須です。

メルカリで商品を売れやすくするためにいくつかのコツがあります。

  • 綺麗な画像を使う
  • ストーリーがある商品説明
  • 出品時間を意識する
  • 出品回数を増やす

綺麗な画像を使う

メルカリのアプリを見ると商品の画像がどんどん流れていきます。ユーザーは暇つぶし的にアプリを見ていますので、衝動買いも結構多くあります。どんどんタイムラインに流れる商品の中で目を引く様にしようと思ったら、綺麗な画像である必要があります。少し工夫する人なら1枚で3つの画像を見れるように画像加工アプリを使って3枚を1枚になるように加工してトップ画像にする人もいます。

ストーリーがある商品説明

簡単な説明よりストーリー性のある説明の方が興味を持って貰えます。メルカリユーザーは、商品説明をしっかりと読む人が多いが特徴ですので、服であれば使うシーンを物語るとかコーディネートをアドバイスするとか、少し工夫すると売れやすくなります。

出品時間を意識する

メルカリを見ている人が多い時間帯、早朝や夜の8時~10時に出品すると出して即売れると言う事があります。昼間やユーザーが見ていない時間帯に出品するより、見ている人が多い時間帯に出す方が売れやすくなります。

出品回数を増やす

1回出品してそのまま放置するより、1回取り消して再度同じ画像や説明文で出品する方が商品が上に来ますので売れやすくなります。1日に何回も出品し直すのではなく、時々行う程度にしておきましょう。やり過ぎるとアカウント停止になるリスクがあります。

まとめ

  • メルカリは初心者でも参入しやすい
  • メルカリアプリは操作が簡単
  • メルカリは売れるスピードが早い

メルカリは全くの初心者でもすぐに商品を出品する事が出来るほど簡単にアプリを操作出来ます。圧倒的にユーザーが多いので売れるスピードが早くいのですが売上の出金申請をしないと現金化出来ません。出金申請して最大10日間後に振込になると言う事もありますので、早めに申請するようにしましょう。

以上

メルカリで不用品販売!何日で現金が手に入る?やり方を解説!

についての記事でした。