3万円借りたい時にやったらダメなこと

今回の記事では、【すぐに3万円借りたい】時はこれをやったらダメ!最速で借りるための手順を紹介について口コミ&評判をまとめてみました。

  • 銀行に借り入れを申し込む
  • 申込みフォームに記入する情報を間違える
  • 登録時の連絡先を携帯番号にしない
  • 借入希望額を50万円以上にする
  • 郵送で申し込む
  • 最短で3万円借りる方法
  • オススメの借入先

すぐにお金を借りたい時は、申込みのフォームに記入ミスがないこと、連絡先を自宅にしないことなど、いくつかのポイントがあります。結論として、ウェブから申し込んでおくと最短で借入が出来るので、先に申し込みをしておくと良いでしょう。

3万円借りたい時にやったらダメなこと

銀行に借り入れを申し込む

カードローン頑張る

いますぐ借りたい場合、銀行の審査スピードは遅いのでオススメできません。

大きな金額の借り入れであれば、銀行に申し込むのも良いのですが、小さい金額の場合は審査に時間がかかるので、銀行での借り入れはオススメしません。

今すぐ借りたいのに、融資の審査時間が取られるのでスピーディな融資を受けることが出来ません。何より、無利子で借りられる期間がない銀行が多くあります。急いでいる時は、迅速に審査を行って借り入れが出来るところに申し込む必要があります。

スピードが早くて、無利子期間のある金融機関で借り入れを申し込むのが良いでしょう。最短即日と言う銀行もありますが、金融会社の最短30分などのスピードにはかなわないでしょう。

申込みフォームに記入する情報を間違える

カードローン

申込みフォームの記入は正確な情報かどうか、しっかりと確認しましょう。

借り入れの申込みをする時、自分の情報を記入するフォームがあります。この情報を間違えてしまうと、審査に時間がかかりますので、「今すぐ借りたい」と急いで借り入れをしたい場合、困ってしまいます。

フォームに記入する情報に間違いがないかを、しっかりとチェックするようにしましょう。正確な情報を記入していれば、最短の審査で借り入れを行うことが出来る可能性が高くなります。

登録時の連絡先を携帯番号以外にする

カードローン困る

連絡先の電話番号を自分の携帯番号にしないと確認の連絡が受けられないので審査が遅れます。

申込みフォームに記入する連絡先を、自分の携帯番号にしていない場合は審査に時間がかかります。金融会社は申込みの確認を行いますので、いつでも連絡が取れる携帯番号を記入するほうが良いでしょう。

自宅の電話番号を記入すると、出かけている時に確認の電話が入ると、留守となってしまいます。確認が取れないと、その分審査が進まなくなるので、借り入れが出来る状態になるまで、時間が必要になります。

借入希望額を50万円以上にする

カードローン頑張る

借入希望額が年収に見合わないと判断された場合は、審査が遅くなり落ちる可能性があります。

すぐにお金を借りたい時は、借入希望額を大きくしてはいけません。会社は、借り入れ希望者の年収も考えて、適切な借り入れ金額を算出します。その際、大きな金額を希望すると、資金計画が甘いとみなされ、審査に通りづらくなる可能性があります。

ですから、初回借り入れの申込みを行う時、フォームに記入する金額は少なめにする方が良いでしょう。収入に見合った金額より少ない借り入れ希望額であれば、会社も返済が出来ると判断するので、審査時間が短くなります。

もちろん過去に金融事故を起こしていたり、借り入れをしても返済が滞りがちだと審査に通らない可能性があります。また、他社借入額で総量規制に影響されて借りれない事もあります。総量規制は貸金業者が守らなくてはならない法律で、年収の1/3以上は借りられないと言うものです。

郵送で申し込む

カードローンふむふむ

郵送での申し込みは、日にちがかかるので、すぐに借りたい時にはオススメ出来ません。

もうご存知でしょうが、郵送で借入の申込が出来る会社がありますが、書類のやり取りだけで、すごく時間がかかります。

すぐに3万円借入をしたい場合に郵送では、遅すぎてとても間に合いません。1番早いのは、ウェブ申し込みをする方法です。

ウェブからであれば、24時間受け付けしているので、先にウェブから申込みをしておくと、借入までがとてもスムーズに進みます。最短で借入るのであれば、ウェブ申し込みが最適です。

最短で3万円借りる方法

カードローン頑張る

最短で借りるなら、身近な友人や親族に借りるのがいいですが、難しい場合はWebからのカードローンが一番便利。

1番早くて確実なのは、親や兄弟にお金を借りる方法です。次が友人・知人、普段のお付き合いで信用があれば、3万円貸してくれるでしょう。

この方法がダメな時は、金融会社で借入を行う方法が、早く借りられます。最短30分と言うスピード融資を、CMしている会社もあります。

先に、ウェブから申し込みをして自動契約機でカードを発行すると良いでしょう。カードを郵送してもらうと、会社によっては借入カードを使うところがあります。すぐに借りたい時は、カードの郵送をしないようにしましょう。

ウェブから申し込みを済ませておけば、審査も早く進みます。この時気をつけるポイントは、会社の営業時間内に在籍確認を行うことを忘れないようにすることです。最短30分で借入の会社でも在籍確認は営業時間に行います。

ですから、金曜日の夜や土日祝日に勤め先がおやすみだと在籍確認が出来ないと言うことを頭に入れて申込みを行うようにしましょう。

オススメの借入先

カードローン喜び

オススメは、無利子期間があるところです。

どうせ借入を行うのであれば、お得に借りたいものですよね。オススメの借入先は、プロミスです。初回借入・ウェブ明細利用・メールアドレス登録と言う条件に当てはまれば、30日間無利子で借入が出来ます。

カードローンプロミス

もし、プロミスで過去に借入を行った人であれば、アイフルがオススメです。アイフルでも30日間の無利子期間があります。こちらも初回借入が条件になります。

どちらの会社もアプリで借入や返済が出来ますので、カードがなくても審査に通れば借入が出来ます。もし必要な場合は、後からカード発行も出来ますので、ウェブで契約する時には、カードレスを選んでおきましょう。まずは公式サイトからウェブ申込みを行います。

申し込みのときに必要な書類

本人確認書類

運転免許証・パスポートもしくは健康保険証+住民票、外国籍の人は在留カードもしくは特別永住者証明証も合わせて提出します。

自宅の住所が書類と違うときは、税金の領収証や公共料金の領収証なども合わせて提出する必要があります。

ウェブから提出することが出来ますので、先に用意しておくと良いでしょう。申し込みフォームには、年収や居住年数も書き込みますので、情報を先に確認しておきます。

その後の流れ

申し込み後に審査が行われ、勤務先への在籍確認や信用情報機関への照会などの後に、信用出来ると会社が判断したら、審査に通ります。審査に通った後で、スマホにアプリをダウンロードして、借入を行います。

プロミス

プロミスのアプリの場合は以下の記事を参考にしてください。

アイフルのアプリを使う場合

App StoreやGoogle Playからアプリをダウンロードします。動作環境は、iOS10.0以降・Android4.1以降です。

アプリで利用する方法
  1. アプリを立ち上げて、カード番号と暗証番号でログインします。
  2. スマホで融資をタップします。
  3. セブン銀行ATMに行き、「スマートフォンでの取引」をタッチしてカードを入れます。
  4. QRコードが画面に表示されるので、スマホで読み取ります。
  5. スマホに表示されている企業番号を、ATMの画面に入力し確認をタッチします。
  6. セブン銀行取引画面に暗証番号を入れ取引金額を入力し確認をタッチします。

取引金額が、1万円以下であれば108円、1万円以上であれば216円の手数料がかかります。

このように、プロミスもアイフルもスマホのアプリとセブン銀行ATMを使って借入が出来ます。また、返済も同じように行うことが可能です。

アイフル公式サイトへ

まとめ

  • 急にお金が必要になった時、最短で借りるために情報記入は正確にする必要があります。
  • 本人確認などを行われるので、連絡がつく電話番号を記入しましょう。
  • 郵送での申し込みやカードの郵送は選ばないようにしましょう。

すぐに3万円借りたい時、情報を正確にフォームへ記入・電話番号を携帯にする・借入希望学を少なくする、と言う3つが大切です。30日間無利子の期間がある会社で借りて、30日の間に、家にある不用品をヤフオクもしくはメルカリで売って返してしまえば、お得に借入することが出来ます。

以上

【すぐに3万円借りたい】時はこれをやったらダメ!最速で借りるための手順を紹介

についての記事でした!