今回の記事では、運転免許証について以下の内容を調べてみました。

  • ゴールド免許の取得条件
  • ゴールド免許の受け取り時期
  • ゴールド免許のメリット(割引や特典など)

結論から言うと、ゴールド免許は過去5年間無事故無違反の状態で免許証の更新を迎えるときなどに受け取ることができます。任意保険の割引などの様々なメリットがあります。

・・・詳しくは記事をご覧ください!

ゴールド免許の取得条件

カードローン

ゴールド免許の取得条件は過去5年間、無事故無違反でいることです。

運転免許証がゴールド免許の場合、様々なメリットがあります。

たとえば、免許更新料も安くなりますし、多くの保険会社では自動車保険の保険料の割引を受けることができます。

ここではまず、ゴールド免許の運転免許証を取得するための条件についてご紹介します。

そもそもゴールド免許とは何?

ゴールド免許とは、免許証の有効期限が記載されている箇所の背景が金色(ゴールド)になっているものです。

ゴールドでない通常の免許証の場合は、この部分が青色(ブルー)になっています。

事故や違反などをすることなく、運転経歴が優良な場合に交付される運転免許証がゴールド免許なのです。

運転免許証の種類

日本の運転免許証のカラーには以下の3種類があります。

  • グリーン
  • ブルー
  • ゴールド

グリーンは免許をとって初めての免許証の色で、ブルーは最初の更新をして以降の通常の免許証です。

そして、無事故無違反などの条件を満たした優良運転者の免許証がゴールド免許です。

ゴールド免許になるための条件

運転免許をゴールド免許にするための取得条件は、「過去5年間にわたって無事故・無違反」でいることです。

シンプルに言うと以上のような表現になりますが、

  • 過去5年間
  • 無事故・無違反

という部分については、もう少し詳しい説明が必要です。

ここから、「過去5年間」や「無事故・無違反」というのがどういうことなのかより詳しく説明します。

「過去5年間」とは?

「過去5年間」というのは、より厳密で正確な表現をすると

「運転免許証の有効期限が到来する年の誕生日から41日前の日以前の5年間」

ということになります。

このように、「過去5年間」をより正確に表現すると若干ややこしい表現になってしまっています。

なぜ「誕生日から41日前の日以前の5年間」なのかというと、無事故・無違反であるかどうかの判定をするのが免許更新の年の誕生日の40日前に行われるためです。

誕生日から誕生日までではありませんので注意して下さい。

「無事故・無違反」とは?

ここでいう「無事故・無違反」というのは、交通違反点数制度での違反点数が付いていないということです。

交通違反点数制度とは

自動車やオートバイなどを運転していて交通事故を引き起こしたり、交通違反を犯したりした人に対して、事故や違反の種類に応じた所定の点数をつけていき、違反点数が一定の基準に達した場合に、運転免許の停止や取り消しなど行政処分を行う制度です。

この交通違反点数制度は、ドイツ、カナダ、アメリカなどの諸外国でも採用されていますが、

  • 危険なドライバーを道路交通の場から排除する
  • 安全運転を行うことを奨励する

ことを目的としています。

日本の交通違反点数制度では、累積方式が採用されており、運転免許を取得した時点では0点からスタートし、事故や違反の度に点数が加点され累積していきます。

累積した点数は5年が経過すると消えます。

事故は人身事故のみ

交通違反点数制度での違反点数として加点される事故は、人身事故のみです。

そのため、たとえば物損事故を起こしていた場合でも、それ以外の人身事故や違反が無ければゴールド免許になることができます。

違反は点数の付く違反のみ

違反についても点数の付く違反のみが「無事故」かどうかを判断する対象となります。

点数の付く違反行為について例を挙げると、例えば

  • 速度超過
  • 駐停車違反
  • 踏切不停止等
  • 指定場所一時不停止等
  • 座席ベルト装置義務違反
  • 後部座席シートベルト装着義務違反
  • 携帯電話使用等
  • 整備不良

などがあります。(ほんの一例です)

こういった違反行為は違反点数として加点されるので、過去5年間のうちに1度でもこれらの行為があった場合は、ゴールド免許になることはできません。

飲酒運転などは論外としても、最近では携帯電話使用で違反を取られる人も増えています。

交通違反点数制度では、違反となる行為の種類と点数がかなり事細かく定められていますが、運転頻度の高い人だと、これらの違反を一度も犯すこと無く5年間も運転し続けることはなかなか難しいかもしれません。

その反面、ほとんど運転しないペーパードライバーはゴールド免許の取得が容易だと言えます。

ただし、中には以下のように違反点数の付かない違反もあります。

  • 泥はね運転
  • 公安員会遵守事項違反
  • 運行記録計不備
  • 警音器使用制限違反
  • 免許証不携帯

なかなかマニアックなものも含まれていますが、メジャーなものでいえば、たとえば免許証不携帯で違反をとられたとしても違反点数は付きません。(ただし、反則金は支払う必要があります。)

したがって、免許証不携帯で違反を取られただけで、他の人身事故や点数の付く違反が無ければゴールド免許になることが出来ます。

ゴールド免許の受け取り時期

カードローン

ゴールド免許は、免許更新の時や免許更新前でも上位免許を取得した時に受け取ることが出来ます。

ゴールド免許を取得するための条件は、ご説明したとおり過去5年間無事故無違反でいることでした。

この条件を満たすことが出来たとして、具体的にいつゴールド免許を受けとることができるのかというと、以下の2つのパターンがあります。

  • 免許更新時
  • 上位免許の取得時

免許更新時

過去5年間無事故無違反という条件を満たした上で、免許の更新をするとゴールド免許を貰えます。

多くの人がゴールド免許を取得するときのパターンだと思います。

上位免許の取得時

免許更新時にゴールド免許を取得するというパターンに該当する人が大多数だと思いますが、免許更新期限を待たずしてゴールド免許がもらえることがあります。

それが、この上位免許を取得した時です。

例えば、普通免許を持っている人が、上位免許である中型免許を取得した場合、過去5年間無事故無違反という条件を満たしていれば、普通免許の更新前の時期であってもゴールド免許がもらえるのです。

上位免許とは何?

上位免許というのは、現在所持している免許証の自動車などを運転することの出来る他の免許のことです。

たとえば、原付を運転するには原付免許が必要ですが、普通免許を所持していれば原付免許を持っていなくても原付を運転できます。

小型特殊自動車を運転するには小型特殊免許が必要ですが、普通免許を所持していれば小型特殊免許を持っていなくても小型特殊自動車を運転することができます。

また、大型免許や中型免許を持っている場合、普通自動車も運転することが出来ます。

これらの例で

  • 原付免許から見た普通免許
  • 小型特殊免許から見た普通免許
  • 普通免許から見た大型免許や中型免許

のような関係が上位免許です。

ゴールド免許のメリット(割引や特典など)

カードローン喜び

ゴールド免許を持っていると、特典や割引など6つのメリットがあります。

ゴールド免許を持っていると以下のようなメリットがあります。

  1. 更新時の講習時間が大幅に短縮
  2. 免許更新費用が安くなる
  3. 任意保険のゴールド免許割引
  4. 警察で更新手続きができる
  5. 免許証の有効期間が長い
  6. SDカードが取得出来る

1.更新時の講習時間が大幅に短縮

運転免許証を更新するときには、誰もが講習を受けなければなりません。

この更新時の講習の所要時間は、一般講習は1時間、初回講習や違反者講習は2時間もかかります。

それに対して、ゴールド免許をもらうときの講習は優良運転者講習と呼ばれ、たった30分の所要時間で終わります。

2.免許更新費用が安くなる

運転免許証を更新する際、更新費用がかかります。

運転免許証の更新費用には

  • 更新手数料
  • 講習手数料

の2つが含まれています。

そして、免許証の種類などによって費用は以下のように様々です。

講習手数料はお住まいの都道府県によって以下の値と異なる場合がありますので、詳しくは直接ご確認頂ければと思いますが、いずれにしてもゴールド免許だと更新手数料が最も安くて済みます。

更新手数料 講習手数料 合計
優良運転者(ゴールド) 2,500円 500円 3,000円
一般運転者(ブルー) 2,500円 800円 3,300円
違反運転者 2,500円 1,350円 3,850円
初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円
高齢者(70~75歳) 2,500円 5,800円 8,300円
高齢者(75歳以上) 2,500円 6,000円

※講習予備検査費含む

8,500円

後述の通りゴールド免許の人は、有効期間が5年間になります。

有効期間のことも考慮して1年当たりの更新費用を割り出して考えると、3年で有効期限の来るブルー免許の人に比べてさらにお得になっていることがご理解いただけると思います。

  • ゴールド免許(有効期間5年)・・・1年あたり600円
  • ブルー免許(有効期間3年)・・・1年あたり1,100円

このようにゴールド免許を持っているだけで、ブルー免許の人に比べてすでに1年あたり500円得しているということになります。

3.任意保険のゴールド免許割引

ゴールド免許を持っている場合、自動車の任意保険で割引を受けられる場合があります。

自動車保険会社では、各社ともゴールド免許を所持する人の保険料を割り引きするゴールド免許割引の制度があります。(名称は各社によるので「ゴールド免許割引」とは限りません)

ゴールド免許を持っているということは、その取得条件から明らかなように過去5年間無事故無違反の優良ドライバーである証明ですから、事故を起こすリスクの低い(保険金を支払う可能性の低い)人を優遇してくれているのです。

詳しい条件は、各自動車保険会社によってもちろん異なりますが、場合によっては10%以上もの割引が受けられることもあります。

4.警察で更新手続ができる

通常の青色(ブルー)免許の人は、免許更新手続きのために運転免許更新センターへ行く必要があります。

ゴールド免許になった場合、運転免許更新センターに行かなくてもお近くの警察署で更新手続きが出来る場合があります。

運転者講習を受けている30分ほどの間に、新らしい免許証が用意されてその場で発行してもらえます。

ただし、都道府県ごとにより異なりますので、くわしくはお住まいの都道府県の警察署のホームページなどでご確認下さい。

5.免許証の有効期間が長い

初回更新者やブルー免許の人の運転免許証の有効期間は3年間です。

忙しい合間を縫って、3年に一度わざわざ免許更新のために足を運ばないといけません。

それに対して、ゴールド免許の人の運転免許証の有効期間は5年間ですので、更新手続きや更新費用の負担がより少なくて済みます。

6.SDカードが取得できる

SDカードとは、「Safe Driver Card」のことですが、自動車安全運転センターが発行する無事故無違反を証明するカードです。

このSDカードを持っていると、SDカード優遇店でガソリン代・食事代・宿泊代などの割引を受けることができます。

SDカードは、「無事故・無違反証明書」や「運転記録証明書」を申し込んだ方に対して、証明日以前に1年以上事故や違反などの記録がない場合に交付されます。

したがって、5年間無事故無違反のゴールド免許とは直接的には関係ありませんが、メリットのある制度ですのでご紹介しました。

まとめ

  • 運転免許のゴールド免許をもらえる条件は、過去5年間無事故・無違反であることです。
  • ゴールド免許を受け取るタイミングは、条件を満たした上で免許更新を迎えるか、上位免許を取得するときです。
  • ゴールド免許を持っていると、任意保険のゴールド免許割引や更新手続き時の各種負担の軽減など6つのメリットがあります。

運転免許のゴールド免許が取得出来る条件は、過去5年間にわたり人身事故や違反点数が加点されるような違反をしていないことです。

ゴールド免許は、この条件を満たした上で免許更新をするときに受け取るのが一般的ですが、更新期限を待たずして普通免許所持者が中型免許を取得する場合など上位免許を取得する場合にもゴールド免許が貰えます。

ゴールド免許を所持しているとご紹介したとおり、割引や特典など6つのメリットがあります。