免許更新最低費用いくら

今回の記事では、免許更新で最低限必要となる費用は?交通安全協会費を払わずにやり過ごす方法もについての口コミ&評判をまとめてみました。

  • 運転免許更新にかかる必要最低限の費用
  • 交通安全協会のメリット
  • 交通安全協会には任意で入会
  • 交通安全協会費を支払わせず済ます方法

結論として運転免許の更新で実際に必要な金額は免許証の種類や年齢で変わって来ます。優良・一般・違反者・初回更新・高齢者それぞれの費用や交通安全協会の入会に関して、詳しくは記事をご覧ください!

運転免許更新にかかる必要最低限度の費用

カードローンふむふむ

運転免許の更新にかかる費用は持っている免許証によって異なります。

運転免許の更新にかかる費用は、更新手数料と運転者講習の手数料の2つです。免許の更新に行くと視力検査や写真撮影などを行った後で、それぞれ教室に入り運転者講習を受けます。持っている免許証の種類によって講習の時間も変わって来ます。また運転者講習費はお住まいの都道府県によって違いがありますので、更新前に確認されると良いでしょう。

優良運転者(ゴールド)

免許証を取得してから5年以上のドライバーでかつ過去5年間無事故無違反の人が持つゴールドの色が入った免許証です。このいわゆるゴールド免許を持つ人は運転者講習の時間が最も短いので、短時間で免許の更新をすることが可能です。

カードローン金利比較

更新手数料2,500円+講習手数料500円 合計3,000円

一般運転者(青)

免許証を取得して5年以上で過去5年間に違反点数3点以下の軽微な違反が1回だけのドライバーが持つ青色の入った免許証です。

カードローン金利比較

更新手薄料2,500円+講習手数料800円 合計3,300円

違反運転者

免許証を取得して5年以上で過去5年間に違反点数が4点以上もしくは軽微な違反を2回したドライバーが持つ青色の免許証です。

カードローン金利比較

講習手数料2,500円+講習手数料1,350円 合計3,850円

初回更新者

免許証を取得して5年以内で、はじめての更新を行う人で軽微な違反が1回以下のドライバーです。初心者ですのでグリーンの色が入っている免許証になります。

カードローン金利比較

更新手数料2,500円+講習手数料1,350円 合計3,850円

高齢者

免許証の更新期間満了の時点で70歳以上の人が高齢のドライバーとされ、免許証更新の前に自動車学校などで高齢者講習を受ける事が義務となっています。年齢によって費用に違いがあります。

70~75歳

カードローン金利比較

更新手数料2,500円+講習手数料5,800円 合計8,300円

75歳~

カードローン金利比較

更新手数料2,500円+講習手数料5,350円 合計7,850円+講習予備検査費650円 総合計8,500円

高齢者講習

高齢者講習は更新期間が満了する6ヶ月前から受ける事が可能です。70~74歳のコースと75歳以上のコースに分かれています。費用は70~74歳の人は5,600円で75歳以上の人は高齢者講習予備検査を含みますので5,850円となっています。

その他の費用

運転免許の更新に伴い、交通安全協会の入会をすると言う人もいます。入会する場合は費用がかかります。この交通安全協会に関しましては別のところで詳しく見て行きましょう。

交通安全協会のメリット

カードローン

交通安全協会の協賛店での割引や無料貸し出しのチャイルドシートがあります。

運転免許の更新に行くとさも入って当たり前と言う感じで、すすめられる交通安全協会に入会するメリットも確かにあります。交通安全協会に入るメリットを知らない人が多いと思われますので見てみましょう。また都道府県によって、協会への入会にチカラを入れているところとそうでないところがありますので、お住まいの地域によって、オススメの仕方も変わって来ます。筆者の住んでいる地域では、入って当たり前と言うのでなく、サラッとオススメしてくる感じです。

交通安全協会のメリット

チャイルドシートの貸し出しをしているところが多くあり、条件や期間などはお住まいの地域の交通安全協会に確認されると良いです。1例として、半年間無料で借りられて、返却時にクリーニング代を支払うと言うところがあります。チャイルドシートは使う期間が決まっていますので、購入するよりレンタルした方が良いと思えます。不要になった時、邪魔になりますしシートの購入費以下でレンタル出来るなら、お得に思えます。

協賛店での割引サービスが受けられるのも、入会のきっかけになります。頻繁に利用しているお店が割引してくれるとなると交通安全協会の会費を支払ってもお得になるからです。協賛店の確認は、お住まいの交通安全協会のサイトで出来ます。

交通安全協会には任意で入会

カードローン頑張る

交通安全協会の入会オススメは地域によって差があります。

交通安全協会の入会は任意で行うもので強制ではありません。お住まいの地域によっては、強くオススメされたり、入って当然と言う態度をされるところもあるかもしれませんが、絶対に入らなくてはいけないと言う事はないのです。

ある県の交通安全協会では、チャイルドシートが古くなったので貸し出しを中止した旨のおわびがホームページに記載されていて、入会のオススメも軽くお願いをする程度のものになっています。協賛店もなく、入会するメリットがないと思う人が多いのか、インターネット上にある情報の様に強い態度ではありません。

交通安全協会の会費について

お住まいの地域によって会費にも差があります。年間での比較を行うと一番安いのが沖縄(一律1,000円、5年)で200円、一番高いのが群馬県の700円です。入る期間によっても変わりますので、入会するのであれば最寄りの交通安全協会に確認されると良いでしょう。

交通安全協会費を支払わせず済ます方法

カードローンふむふむ

任意なので「入りません」と断りましょう。断りにくいなら、必要以上のお金は持って行かない方が良いです。

もしお住まいの地域の交通安全協会が強く入会をオススメするところなのであれば、免許証の更新に必要な費用だけ持って手続きに行くと良いでしょう。あくまでも任意の入会なのですが、ところによっては入会のお誘いにチカラを入れている場合もあります。

手持ちのお金が最低限の更新に必要な費用だけであれば、お支払いのしようがありませんので、断りやすくなります。流されやすい性格の人や気弱な人は、必要最低限度の費用だけ持って更新に行くと良いでしょう。

免許証更新費用と交通安全協会の入会に関しての口コミをまとめてみました

優良ドライバー更新手数料

カードローン疑問

運転免許の更新で、講習区分が優良の場合、最寄りの運転免許更新センターや指定警察署で更新が可能な様なのですが、申請から交付まで3週間以降、結局運転免許試験場まで取りに行く事になるのでしょうか?

また今回、初めて優良となりましたが、更新手数料はいくら納めるのでしょうか?

答え

更新は申請から交付までせいぜい1時間チョイです。
手数料は3千円くらいです。
更新通知はがきにも書いてあります。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

更新の通知はがき

カードローン疑問

運転免許証更新になると必ず疑問に思うことがあります。

更新の通知はがきが来て、手続きに必要な手数料が申請
免許証更新になると必ず疑問に思うことがあります。
更新の通知はがきが来て、手続きに必要な手数料が申請手数料(2250円)講習手数料(700円)と書いてあるにもかかわらず、手続きしにいくと必ず交通安全協会費とやらを徴収されます。しかも1年分が700円なのでゴールド免許だと×5で3500円!!これっておかしくないですか?払ってない人もいるらしいのですが、払わないと次の更新のはがきが来なくなるそうです。皆さんはどうされていますか。今回は払いたくないと思っているのですが、払ったほうがいいのでしょうか???

答え

更新ハガキが安全協会の発行で会員にしか送られて来ない…というのは、もう二昔も三昔も以前の話ですよ。

今は、公安委員会の発行で、更新者全員に送られてきます。

大阪府なんて、更新に行っても安全協会の「あ」の発言もありません。

ま、金に厳しき商人の街だからかも知れませんが。

未だに安全協会の勧誘なんて、どこの府県ですか?

カードローン疑問

福岡県ですけど

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

まとめ

  • 運転免許証の更新にかかる費用は免許や年齢によって変わります
  • 交通安全協会の入会にメリットが多い地域があります
  • 交通安全協会の入会を避けるには必要な費用だけ持って行きましょう

運転免許証の更新はがきは交通安全協会に入っていなくても届きます。更新に必要な費用ははがきに記載されていますので、交通安全協会に入会したくないが流されやすい人・断りにくい人は必要最低限の費用だけ持って行くようにすると入会を避けられます。免許証の更新に必要な費用は免許証の種類や年齢によって変わります。

以上

免許更新で最低限必要となる費用は?交通安全協会費を払わずにやり過ごす方法も

についての記事でした