水道代延滞料金

今回の記事では、水道料金滞納期間と停止まで【延滞料金や復旧費用と時間】も徹底調査してみました。

  • 給水停止までの滞納期間はどれくらい?
  • 滞納した時の料金支払い方法
  • 復旧に要する費用や時間<
  • 延滞料金はどうなるの?
  • お金を作る方法

結論を言うと、ついうっかり水道料金の支払を忘れた程度であれば特に問題がないのですが、長い期間水道料金の支払が出きない場は給水を止められてしまいます。料金未納の場合はいつ給水停止になるのか?などをご紹介しますので、詳しくは記事をご覧ください!

給水停止までの滞納期間はどれくらい?

カードローン

自治体によっても変わりますが、約2ヶ月で給水停止となることがあります。

水道料金が支払えなかった時、いったいいつ給水停止になってしまうのか、知っていますか?電気やガスと違って水道は比較的融通がきくと言う話を耳にされているかもしれませんが、思ったより柔軟ではないと思うか柔軟だと思うかは人によって違いますが、私は柔軟な方だと思いました。

うっかり引き落とし口座にお金を入金し忘れた、とか少し遅れたくらいでは水道は止まりません。水道料金を支払わないで、そのままにしておくと短いところでは2ヶ月で給水停止となります。これは各自治体で変わりますので、必ず2ヶ月と言うことはありません。

料金を支払わないと、まず督促状が届きます。銀行口座から引き落としの場合は、次回引き落としの日にちが書かれ郵送物が届きます。そこで支払いをしなかった場合、勧告状もしくは給水停止予告書が届きます(自治体で変わる)。この流れの中で水道料金を支払わないと水道が止まると言う事になります。

水道が止まってしまうまでの5つの流れ

  1. 水道料金未納
  2. 督促状
  3. 勧告状(自治体によっては来ない)
  4. 給水停止予告書
  5. 水道が止まる

1:督促状

水道料金が未納になって一月以内に送られて来ます。口座引き落としの場合は、引き落としの日が記載されています。記載内容は、納付期限・請求金額・請求対象の水道利用期間・バーコード(支払いが出来る)です。延滞が続くと休止停止もあり得ると言う文言が記載されています。

2:勧告状

督促状が届いて2週間くらいに勧告状が来ます。記載内容は督促状と同じですが、文言が水道局に来て下さいとか、このまま延滞を続けると給料の差し押さえもあり得る旨に変わります。督促状と比較すると強めの内容になっています。

3:給水停止予告書

本来水道料金を納付する日から数えて2ヶ月後、勧告状が届いてから2週間くらいで給水停止予告書が来ます。ここで支払いがないと本当に水道が止まってしまう可能性があります。記載内容は、督促状や勧告状と同じですが文言がもっと厳しくなって「未払いが続くようであれば、給水停止や支払督促の申立を行うことになる」旨が記載されています。

4:電話や訪問

水道局から電話や訪問で支払いを促される事もあります。電話で連絡が取れないと訪問して、料金の支払いを催促する自治体もあります。こちらもお住まいの自治体で変わって来ます。

5:水道が止まる目安

水道料金の滞納が2~4ヶ月に及ぶと水道が止まってしまいます。自治体の中には滞納期間に加え滞納金額の上限を決めている自治体もあります。期間に関わらず金額の上限に達したら停止になるので注意が必要です。給水停止予告書が届いておよそ1週間以内に水道が停止されます。

滞納した時の料金支払い方法

カードローンにっこり

水道局か郵便局、あとは自治体の水道局口座への振込で支払いが可能です。

先にもご紹介しましたが、銀行口座から引き落としの場合は、督促状にある次回引き落としの前に口座に入金しておけば自動で支払いが出来ます。納付書で支払っている場合は、2回目の納付書が自宅に届きますので、それで支払う事が出来ます。督促状の段階で支払いが出来なかった場合は以下の通りです。

督促状の段階での支払い方法
  • 水道局の窓口で支払い
  • 郵便局で支払い
  • 水道局の口座に振り込む

各自治体で支払い方法が変わって来ますので、お住まいの地域の水道局に問い合わせをしましょう。

水道復旧に要する時間や延滞料金について

カードローンふむふむ

自治体によっては延滞料金が発生するところやしないところもあります。

水道が止まった後で、料金を支払う場合は基本的に滞納している料金の全てを支払う必要があります。この時、水道局の窓口で支払いをした場合は、支払い確認がその場で取れますが、納付書を使うまたは振り込みをした場合は、支払った後に水道局に連絡をします。

水道復旧にかかる時間は最短数時間と言う自治体もあれば当日と言う自治体もあり、お住まいの地域によって復旧時間が違って来ますので、水道局に料金を支払った時、一緒に復旧までの時間も聞くと良いでしょう。

完全に水道が止まってから、期間を空けて支払いを行う場合は延滞料金も一緒に支払う必要が出て来ます。自治体によって延滞料金に違いがあります。

例えば東京都の水道局や横浜市の水道局は延滞料金は発生しませんが、神奈川県の川崎市の水道橋であれば、納付期限の翌日から年利5%の延滞金が発生したります。

水道の復旧には、延滞料金の全てを支払う必要があり、ここに延滞料金も含まれていますので、支払う前にもよりの水道局にいくら支払えば良いのか金額の確認をされた方が良いでしょう。

督促状出来ていた料金だけ支払って延滞料金を支払わなかった場合は、そのまま延滞とみなされますので注意しましょう。通常の水道料金+延滞料金で支払いが完了します。

水道料金支払いのためお金を作る方法

水道代延滞料金

水道料金を支払いたいけど、どうしてもお金が用意出来ない場合も時にはあるでしょう。そんな時の対策を考えてみたいと思います。

まずはカードローンを活用する

プロミスのように30日間無利息サービスのあるカードローンでお金を借りて水道料金を支払います。プロミスの場合は、借入金額が50万以下なら原則収入証明書不要ですので、手間がかからないですし気軽に借りることが出来ます。注意して頂きたいのは、あくまでもお金が用意出来ない水道料金に使うと言う事を守る事です。不用意に多く借りてしまうと持ち後返済が大変になるケースもありますので、本当に必要な金額だけ借り入れて無利息の間に返してしまいましょう。

30日間の無利息期間の間に不用品を売る

プロミスで30日間の無利息期間がある間にメルカリやオークションなどで身の回りの不用品を販売して現金を手に入れましょう。どんな家にも水道料金になるくらいの不用品はあると思いますので、家の中にある物の整理も同時に出来ますので不要な物を選別して売ってしまいましょう

日雇いバイトや短期バイトなどをやる

短期バイト・派遣バイトなどを探して、借り入れから30日以内に現金を手に出来る様にしましょう。1番良いのは日雇いで即日バイト代が貰えるところです。ない場合は短期や派遣でのバイトをして無利息期間内に借りたお金を返してしまいましょう。

ムダな利息を払わず賢く支払い

カードローンと聞くと利息の支払いが怖い人もいるかもしれませんが、上記3つの方法であれば、無駄な利息を支払わずにカードローンを活用して水道料金の支払いが出来ます。

30日間無利息でプロミスを利用するには、以下の条件に合致している必要があります。

  • 初回利用であること
  • メールアドレスの登録すること
  • ウェブ明細を利用すること

カードローンを上手に活用して水道料金を支払い、無利息期間の間にお金を返済してしまうと無駄な利息は支払わないで問題が解決します。

まとめ

  • 水道料金の延滞ですぐに水道が止まると言うことはない
  • 支払方法は自治体によって違う場合もある
  • カードローンを活用する事が出来る

蛇口をひねると使える便利な水道ですが、時には料金の支払いに苦労する事もあると思います。毎月の支払いでなく2ヶ月に1回なので、支払いを忘れる事もあり得ます。いずれにしても、水道料金の支払いが出来ない時、いつ給水停止になるのかを知っておくと良いでしょう。

数日くらいであれば支払いが遅れても、納付書を持ってコンビニや金融機関で支払いをすることが出来ますので慌てなくても大丈夫ですが、未納期間が多くなると延滞料金が発生したり、給水停止になったりする事もあります。そんな時、プロミスの30日間無利息サービスを活用して、水道料金を支払って無利息期間内に不用品販売やバイトなどで現金を作って借り入れの返済にあてれば、無駄なお金を支払わずにやりくりする事が可能です。

以上

水道料金滞納期間と停止まで【延滞料金や復旧費用と時間】も徹底調査

についての記事でした。