今回の記事では、以下の内容について調べてみました。

  • みずほ銀行のアプリで利用できる機能
  • みずほ銀行のアプリでカードローンに申し込む方法
  • みずほ銀行カードローンよりもお得に借り入れする方法

結論から言うと、みずほ銀行のアプリではカードローンの申し込みはできますが、借り入れや返済をすることはできません。

また、みずほ銀行のカードローンよりお得に無利息で借り入れのできる方法もご紹介しています。

・・・詳しくは記事をご覧ください!

みずほ銀行のアプリで利用できる機能

カードローン

みずほ銀行のアプリ「みずほWallet」では、カードローンに関しては申込機能のみで、借り入れや返済はできません。

みずほ銀行のアプリは、元々「みずほ銀行アプリ」という名称でしたが、2018年に機能が拡大されて「みずほWallet for iOS」または「みずほWallet for Android」に大幅リニューアルしています。リニューアルによって決済機能が追加され、スマートフォンでみずほ銀行口座からのデビット決済ができるようになっています。

このみずほ銀行のアプリ「みずほWallet」には、カードローンの借り入れや返済に関する機能があるのか調べるために、搭載されている機能をくまなく調べてみました。

みず銀行のアプリ「みずほWllet」に搭載されている機能は以下の通りです。

  • 口座開設、マイナンバーお届け
  • 宝くじ当選番号案内
  • みずほMyWing
  • みずほ銀行カードローンのかんたんお申し込み
  • 各種お申し込み・資料請求
  • かんたん残高照会
  • 無担保ローン申し込み
  • ご相談予約・セミナー予約
  • ネット住宅ローン
  • みずほダイレクトへのログイン
  • 資産運用SMART FOLIO
  • みずほJCBデビット
  • みずほマイレージクラブカード/THE POINT
  • 窓口混雑状況紹介
  • 住宅ローンシュミレーション
  • かんたん残高照会アプリ

このように、みずほ銀行のアプリ「みずほWallet」では非常に多彩な機能が盛り込まれてはいます。

しかしながら、カードローンに関する機能は「みずほ銀行カードローンのかんたんお申し込み」しかありませんでした。したがって、借り入れや返済についてはみずほ銀行のアプリ「みずほWallet」で行うことはできません。

みずほ銀行のアプリでカードローンに申し込む方法

カードローン頑張る

みずほ銀行カードローンの申し込みにわざわざアプリを使うメリットはありません。

みずほ銀行のアプリ「みずほWallet」からみず銀行カードローンの申し込みができますが、ブラウザが立ち上がり申し込みページが開くだけなので、わざわざアプリを使うメリットはありません。

みずほ銀行カードローンの基本情報

ここで、みずほ銀行カードローンの基本情報を確認しておきます。みずほ銀行カードローンは、申し込み手続きから借り入れまで来店不要でウェブ完結で利用することが出来ます。

みずほ銀行カードローン基本情報
利用条件 満20歳以上66歳未満で安定した継続的な収入のある方
金利 2.0%~14.0%(年率)
最大限度額 800万円
申込み ウェブ、アプリ、郵送、電話、店頭
主婦、学生、バイトは?

定期的な収入があれば利用可能

担保・保証人 不要

みずほ銀行のアプリからみずほ銀行カードローンに申し込むには

みずほ銀行のアプリ「みずほWallet」からみずほ銀行カードローンに申し込む方法は以下の手順のとおりです。

  1. みずほ銀行のアプリ「みずほWallet」を開き、メニュー一覧から「カードローン」をタップします。
  2. ウェブブラウザが立ち上がり、みずほ銀行カードローンの申し込みページが開きます。
  3. 開いたページの案内にしたがって必要事項を記入し、申し込みを進めます。

以上のように、みずほ銀行のアプリ「みずほWallet」を利用して申し込みをしても、ウェブブラウザが立ち上がり、申し込みページに飛ばされるだけで通常のウェブ申し込みと何ら変わりがありません。

設定段階で画面がフリーズするため、未だに使用出来ません。XPERIA xzのスペックでこのような状態だとまともに決済出来るかも疑わしいです。

設定段階で動かなくなって使えない

Android9で起動時NGだった。終わり。

最低になつた!強制的にウォレットに誘導して翌年からの年会費を取ろうとしている。この体質だったら口座自体を代えようと思う。まずはアンインストールだな。

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.mizuhobank.mizuhoapp

また、アプリのダウンロードページの評価を参照すると、動作に不安定な面があるとの報告もありますし、あまりウォレットを使わないのに、誘導されるままに登録してしまうと、一定期間経過後に手数料が取られてしまうこともあるようです。

みずほ銀行カードローンの申し込みのために、わざわざみずほ銀行のアプリ「みずほWallet」をインストールする必要はまったくないといっていいでしょう。

みずほ銀行カードローンよりお得に借り入れする方法

カードローン頑張る

無利息での借り入れができる他社のカードローンを利用すれば、みずほ銀行カードローンよりもお得に借り入れをすることができます。

カードローンを利用して借入をする際、どうせならお得に借り入れをしたいものです。みずほ銀行カードローンに特別なこだわりがなく、他社のカードローンでもよいということなら無利息での借り入れができる会社のカードローンを利用するという手もあります。

無利息での借入ができるカードローンとして、30日間無利息サービスが受けられる「プロミス」「アイフル」がオススメです。プロミスとアイフルは初回利用であることなどの条件を満たすことによって、30日間無利息で借り入れを行うことが出来ます。

以下の2つの記事では、プロミスとアイフルの詳細や口コミについてそれぞれ紹介しています。

プロミスの口コミ&評判!職場確認・審査・家族バレの実態を調査しました。

アイフルの口コミ【審査に通った人に年収と職業アンケート実施】利用者の5段階評価も!

上記の記事を開くと、プロミスやアイフルの30日間無利息サービスの詳しい利用条件や、実際に利用した方の数多くの口コミをご覧いただけます。

口コミでは、プロミスもアイフルもどちらも

  • 知名度が高いので安心して利用できる
  • 家族や職場の人にバレにくい
  • 審査が早くて即日融資も可能なのがいい
  • 無利息サービスがありがたい

といった前向きな生の声が多数報告されています。

「どうしてもみずほ銀行カードローンを利用したい!」というこだわりがなければ、よりお得に借り入れをするために、まずは無利息サービスのあるプロミスのご利用を検討してみるとよいでしょう。

プロミス

もし、プロミスでの借り入れ経験がありプロミスでの30日間無利息サービスを受けられないようでしたら、同じく30日間無利息サービスのあるアイフルのご利用を検討してみて下さい。

アイフル公式サイトへ

まとめ

  • みずほ銀行のアプリでは借り入れや返済は出来ません
  • みずほ銀行カードローンを申し込む際にアプリを利用するメリットはありません
  • みずほ銀行カードローンにこだわりがないなら、無利息サービスのある他社のカードローンでお得に借り入れをするのもおすすめです

みずほ銀行のアプリでは借り入れも返済もできません。

どうしてもみずほ銀行カードローンで借り入れをしたいというこだわりがなければ、30日間無利息サービスのあるプロミスやアイフルで借り入れをするのがお得に借り入れてできておすすめです。