プロミス月額返済額期限

今回の記事では、プロミスの返済額を変更したい!いつまでなら当月返済額を減らせる?についての口コミ&評判をまとめてみました。

  • プロミスの返済方式
  • プロミスの最低返済額
  • プロミスの返済金額を多目に変更
  • プロミスの返済金額を少な目に変更

プロミスでは最低返済金額が決まっており、結論から言えば、返済金額を減らすのはとても難しいと言えるでしょう。返済方法については3つあるので、詳しくは記事をご覧ください!

プロミスの返済方式

カードローン

プロミスでは、最終借入後の借入残高で返済金額が決まります。

プロミスでは、最終借入後の借入残高によって返済する金額が決まります。残高によって返済額が変動するものを「残高スライド元利定額返済方式」と言います。

残高スライド元利定額返済方式とは
当月5万円の借入をした場合、最終借入後の残高は5万円ですので返済額は2,000円。

そこから月末に1万円を返済し、追加で10万円借入をした場合は、最終借入後の残高は14万円となり返済額は6,000円。

この様に借入後の残高によって返済する金額が変動することを残高スライド元利定額返済方式といいます。

返済金額の算出

借入後残高 返済金額 返済回数
30万円以下 お借入後残高 × 3.61% ~36回
30~100万円以下 お借入後残高 × 2.53% ~60回
100万円以上 お借入後残高 × 1.99% ~80回

いづれも返済金額の計算で1,000円未満切り上げになります。

返済金額の計算例

借入後残高 対応する一定の割合 計算した金額  端数の処理 実際の返済金額
5万円の場合 × 3.61% 1,805円 1,000円未満切り上げ 2,000円
50万円の場合 × 2.53% 12,650円 1,000円未満切り上げ 13,000円
150万円の場合 × 1.99% 29,850円 1,000円未満切り上げ 30,000円

プロミスの最低返済額

カードローンふむふむ

プロミスでは最低返済額が決まっています。

プロミスでは最初に設定されている返済金額があります。これを最低の返済金額としてありますが、いつでも最低の返済金額より多く返済する事が可能です。ただし3ヶ月分まとめで返済を行うと言うことは出来ません。

プロミスでの最低返済額

最終借入後残高 返済金額
~5万円 2,000円
~10万円 4,000円
~20万円 8,000円
~30万円 11,000円
~40万円 11,000円
~50万円 13,000円
~100万円 26,000円
~150万円 30,000円
~200万円 40,000円

プロミスの返済金額を多目に変更

カードローンふむふむ

プロミスでは「インターネット」「ATM」「銀行振込」を使えば多めに返済できます。

プロミスでの返済金額を多目に変更する方法は3つあります。

  • インターネット
  • 提携ATMなど
  • 銀行振込

インターネットと提携ATMでカードを使っての返済は、最低返済金額以上の返済を行うのはユーザーが自由に行うことが出来ます。多目に返済を行うことが出来れば、その分返済が終わるのも早くなります。

注意銀行振込で多目にプロミスの口座に振り込みをする場合は、先にプロミスに振込予定の金額を伝える事が必要になります。振り込み前に連絡をしておかないと、振り込みをした金額が反映されるまでに時間がかかる場合がありますので、必ず事前に電話で伝えるようにしましょう。

プロミスの返済金額を少な目に変更したい時は

カードローンにっこり

プロミスでの返済金額を少な目にする方法は1つだけです。

プロミスに多目に返済を行う場合は、ユーザーに自由がありますが少なく返済したい場合は、まずプロミスに相談をする必要があります。

先にご紹介しました様にプロミスでは最低返済金額が決められていますので、この金額より少なく返済すると言うのは契約違反となる可能性があります。

返済する気持ちがあっても遅延になると信用を失う事になりますので、約定金額を返済出来ない場合は、まずプロミスコールに電話をして事情を説明しましょう。

減らした金額での返済を提案しても、きちんとした返済金額を支払えるのはいつなのか?と聞かれ、減額した返済を受け付ける事は稀であると思います。どちらにしても、返済期日に約定金額の返済が出来ないと分かった時点で相談するのがベストです。

オペレーターから利息の支払いを提案

正直に返済する金額を用意出来ない理由をプロミスに相談して、場合によっては利息の返済だけをすると言う提案をされるケースがあります。その場合、利息だけ支払うリスクがいくつかあります。まず利息だけの支払いでは元金が減らないと言う事、それから返済する総額で考えると、金額が増えてしまう事、この2つが注意点です。出来るなら毎月の返済が楽に行える金額だけを借り入れるようにしましょう。

まとめ

  • プロミスでは、最終借入後の借入残高で返済金額が決まる
  • プロミスでは最低返済額が決まっている
  • プロミスで返済金額を減らす時は電話で相談する

プロミスで返済金額を多目に変更する方法は3つありますが、返済金額を減らしたい場合はプロミスコールに電話して相談する方法しかありません。

当月返済額を減らすには、いつまでについては調べても情報がありませんでした。返済が難しいと感じた時点ですぐにプロミスコールに電話をすると良いでしょう。

以上

プロミスの返済額を変更したい!いつまでなら当月返済額を減らせる?

についての記事でした。