今回の記事では、以下の内容について調べてみました。

  • 奨学金滞納がカードローン審査等に与える影響
  • 奨学金滞納者がカードローン審査に通るには

結論から言うと、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金の場合、3ヶ月以上延滞すると信用情報機関に記録が残るため、カードローン審査に悪影響を与える可能性があります。

・・・詳しくは記事をご覧ください!

奨学金滞納がカードローン審査等に与える影響

カードローン

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金を3ヶ月以上滞納すると、個人信用情報機関に奨学金を滞納したという記録が残ってしまいます。カードローンの審査の際には、審査に通りづらくなるなどの悪影響を与えます。

奨学金の種類によっては、奨学金を滞納すると個人信用情報機関に記録として残ってしまうため、カードローンなどの審査に悪影響を与える可能性があります。ここでは、

  • カードローン審査に影響する奨学金
  • カードローン審査の仕組み
  • 個人信用情報機関に登録される内容
  • 奨学金滞納が個人信用情報機関に記録されるタイミング
  • 奨学金滞納がカードローン審査等に及ぼす悪影響

について説明していきます。

カードローン審査に影響する奨学金

奨学金を滞納するとカードローン審査に影響する可能性がありますが、実は全ての奨学金がそうであるとは限りません。実際には、どこから奨学金を借りているかによります。

奨学金を滞納すると、カードローン審査に影響するのは基本的に日本学生支援機構(JASSO)から借りている場合のみです。奨学金をたとえ滞納していても、独立法人日本学生支援機構(JASSO)以外の団体から借り入れしている場合には、カードローン審査に影響しません。

なぜ、日本学生支援機構(JASSO)とそれ以外の団体でこのような差がうまれるかというと、個人信用情報機関に加盟しているかどうかという違いがあるからです。

日本学生支援機構は個人信用情報機関に加盟しているため、奨学金延滞があると個人信用情報機関に滞納の記録が残ってしまいます。それに対して、個人信用情報機関に加盟していないその他の団体であれば、奨学金を延滞したとしても個人信用情報機関に延滞の記録が残ることはありません。

個人信用情報機関とは

クレジットカードや各種ローンの利用者の申し込み内容、契約内容、延滞などの利用状況を集めている機関です。

各種ローンやクレジットカードを取り扱う金融機関などでは、それぞれが加盟する個人信用情報機関が保有している利用者に関してのデータベースを照会し、金融取引等の際の審査に役立てています。

現在、日本では以下の3つの信用情報機関が活用されています。

  • JICC(日本信用情報機関)
  • CIC(シーアイシー)
  • 全国銀行個人信用情報センター

JICC(日本信用情報機関)

JICC(日本信用情報機関)は、日本で最も歴史のある個人信用情報機関です。CCB・テラネット・全国信用情報センターの統合により誕生しました。

CIC(シーアイシー)

CIC(シーアイシー)は、主に信販会社(クレジットカード会社)が活用する個人信用情報機関ですが、信販会社のみならず様々な銀行や消費者金融などが加盟しています。。全国信販協会・日本信用情報センター・日本クレジット協会の統合により誕生しました。

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人情報センターは、銀行系の個人信用情報機関です。

カードローン審査の仕組み

日本学生支援機構(JASSO)から借りた奨学金を滞納すると、なぜカードローン審査に影響するかというと、それはカードローンの審査の方法と関係あります。

消費者金融や銀行などのカードローン業者は、カードローン利用者に元本と利息をきちんと返済していってもらわないと経営が成り立ちません。返済が滞り、貸し倒れにならないよう「しっかり返済していける人かどうか」という申込者の返済能力を判断するために厳正に審査をします。

そして、審査の過程では、

  • 申込者からの自己申告内容
  • 身分証明書や収入証明書類など
  • 個人信用情報機関の信用情報

などといった手段を用いて、申込者の収入や職業などから返済能力を判断して貸付可能かを審査します。

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金の滞納がある場合には、このうち「個人信用情報機関の信用情報」に記録として残ってしまうことがあります。日本学生支援機構は、日本に存在する3つの信用情報機関の内、全国銀行信用情報センターに加盟しているので日本学生支援機構(JASSO)で借りている奨学金の滞納があると、その情報はカードローンの審査担当者に分かってしまうのです。

カードローンの審査担当者は、申込者が過去に奨学金を滞納していたことがあるという情報を知れば、今後カードローンを利用する際にもまた滞納するのではないかと警戒してしまいます。

延滞の情報は各信用情報機関で共有される

日本には3つの信用情報機関があり、カードローン業者はそれぞれの機関に加盟しないと信用情報を参照することができません。

そのため、日本学生支援機構(JASSO)が加盟するのは銀行系の全国銀行個人信用情報センターですので、それ以外の信用情報機関に加盟する消費者金融ならカードローン審査に影響ないと思われるかもしれません。

しかしながら、延滞の情報についてはお互いの機関で共有し合っているため、いずれにせよどこの信用情報機関でも把握されてしまいます。日本学生支援機構(JASSO)で借りた奨学金を延滞してしまうと、やはりどこのカードローンであっても影響は免れません。

日本学生支援機構の奨学金でも信用情報機関に登録されない例外
信用情報機関に利用者の個人情報や信用情報を提供するためには、利用者の同意が必要です。

そのため、現在では日本学生支援機構(JASSO)の奨学金の貸与を受ける際には、「個人信用情報の取扱いに関する同意書」の提出が義務づけられています。

しかしながら、日本学生支援機構が全国銀行個人信用情報センターに加盟した平成20年9月(※2008年)よりも前からの奨学金利用者の場合で、「個人信用情報の取り扱いに関する同意書」をまだ日本学生支援機構に提出していない場合には、日本学生支援機構の奨学金で3ヶ月以上の延滞があったとしても信用情報機関に記録されません。

個人信用情報機関に記録される個人情報や個人信用情報の内容

「個人信用情報の取り扱いに関する同意書」を提出している日本学生支援機構の奨学金利用者が一定期間奨学金の返還を延滞してしまうと、以下のような情報が個人信用情報機関に記録されます。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 勤務先等
  • 奨学金の貸与額
  • 奨学金の最終返還期日
  • 延滞、代位弁済、完済等の返還情報

奨学金滞納が信用情報機関に記録されるタイミング

奨学金はどのくらいの期間滞納すると、滞納の事実が個人信用情報機関に記録されるのでしょうか。以下、日本学生支援機構のホームページより、このことについて記載されている箇所を引用してご紹介します。

個人信用情報機関に個人情報を登録する条件

個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出していただいている方のうち、現在奨学金を返還されている方は、延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。
新たに返還を開始する方は、返還開始後6か月経過時点で延滞3か月以上の場合に登録されます。登録の判定は返還開始から6か月が経過してから、毎月行われます。
具体的には、平成23年度に採用され大学で4年間貸与を受けた場合、平成27年10月返還開始となり、そこから6か月後以降の時点(平成28年4月以降)で、延滞3か月以上の場合に登録されます。

出典:独立行政法人日本学生支援機構

『延滞3か月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録』という記述から、日本学生支援機構で借りた奨学金に関して、

  • 借りたただけでは個人情報は信用情報機関に提供されない
  • 3か月以上延滞した場合に初めて信用情報機関に記録される

ということがわかります。

ということは、仮に日本学生支援機構の奨学金を1月分延滞してしまったとしても、翌月に2月分まとめて返済すれば、信用情報に記録が残ることはないということです。

個人信用情報機関に奨学金滞納が登録されるとカードローン審査などに悪影響

奨学金の返還を延滞してしまい、個人信用情報機関に延滞の記録が登録されてしまうとどうなるのでしょうか。

個人信用情報機関に記録された個人信用情報は、金融機関などが金融取引などの際に個人の信用力(返済能力)を判断するために参照しています。そのため個人信用情報機関に奨学金を延滞していたという記録が残っていると

  • カードローンの審査が通らなくなる
  • 自動車ローンや住宅ローンが組めなくなる
  • クレジットカードが発行できない
  • クレジットカードの利用が停止され
  • 携帯電話の分割購入が出来なくなる

などといった悪影響が生じる可能性があります。

奨学金滞納者がカードローン審査に通るには?

 

カードローンふむふむ

日本学生支援機構の奨学金滞納者がカードローン審査に通るためには、信用情報から滞納記録が消える延滞解消後5年が経過してからでないと現実的には難しいでしょう。

奨学金滞納者がカードローン審査に通るための方法について説明します。

日本学生支援機構以外の奨学金なら滞納していても無関係

まず、先述の通り、奨学金の滞納がカードローン審査に悪影響を与える可能性があるのは、信用情報機関に加盟している「日本学生支援機構で借りた奨学金を3ヶ月以上滞納した場合」のみです。

それ以外の信用情報機関に加盟していない団体の奨学金であれば、たとえ滞納していたとしても、基本的にはカードローン審査担当者は、奨学金の滞納について知りようがありませんので審査には無関係です。

※日本学生支援機構以外の団体で奨学金を借りている方は、その団体が信用情報機関に加盟しているか念のためご自身で確認して下さい。

信用情報機関に記録された内容を知るには?
信用情報機関に記録された情報は、金融機関等が金融取引などの審査の際に参照しています。しかし、信用情報機関に記録された情報の内容を閲覧できるのは、金融機関等だけではなく自分でも照会することが可能です。

つまり、自分の個人情報や金融取引等の利用状況がどのように信用情報機関に記録されているのかを知ることが出来るのです。

信用情報機関に記録された自分の信用情報を閲覧することは主に以下の方法により可能です。

  • 信用情報機関に足を運ぶ(身分証明書と印鑑が必要)
  • 郵送やWEBサイトから請求する

CICであれば、スマートフォンで結果を見ることも可能です。

延滞記録が消えるのは5年後

信用情報機関の延滞記録は、

  • JICC(日本信用情報機関)
  • CIC(シーアイシー)
  • 全国銀行個人信用情報センター

のいずれの信用情報機関であれ、延滞解消日から5年間記録として残り続けますので、この期間内はカードローン審査に不利に働く可能性があります。この状態は、いわゆる「ブラック」状態ですので、カードローンの新規申込みの審査に通ることは実質的に非常に困難だと言えます。

カードローン審査に通るには、現実的に延滞解消から5年が経過して信用情報から延滞の履歴が消えるのを待つ必要があるということになるでしょう。

奨学金の利用自体は審査に影響する?
日本学生支援機構の奨学金を3ヶ月以上滞納している場合は、当記事で説明している通りカードローン審査に影響します。

他社での借入が多い場合、カードローンの審査に影響することがあります。奨学金も他社での借入とも言えますが、たとえ延滞していなかったとしても単に奨学金で借入をしているというだけで、カードローン審査に影響することはないのでしょうか?

基本的に、奨学金をきちんと返済している限りは、カードローン審査担当者も把握しようがありませんので、延滞が無い限り奨学金を利用しているというだけでは影響ありません。また、奨学金は、消費者金融等の貸金業者からの借入の合計を年収の3分の1を限度とする総量規制の対象外でもあります。

まとめ

  • 奨学金延滞がカードローン審査に影響するのは、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)から借りている場合のみです。
  • 日本学生支援機構の奨学金を3ヶ月間延滞すると信用情報機関に記録されますので、カードローン審査に悪影響を与えます。
  • 信用情報機関の信用情報に3ヶ月以上の延滞の記録が残ると延滞解消しても5年間記録が残るので、この間、事実上カードローン審査に通過するのは非常に困難になります。

奨学金の延滞がカードローン審査に影響するのは、

  • 信用情報機関に加盟する日本学生支援機構の奨学金を利用
  • 3ヶ月以上にわたって延滞
  • 2008年9月以降の奨学金利用か同意書を提出済み

という条件を満たす場合です。

この場合、信用情報機関の信用情報に延滞の履歴が、延滞解消から5年間は残り続けますので、事実上カードローン審査に通過するのは非常に困難になります。